コラム

デザイン入稿方法について

みなさん、こんにちは。コラム担当の青井です。

post01_img01

最近、だいぶ暖かくなってきましたね♪ 街中で半袖を着ている方を見かけるようになってきました。とはいえ、夜などはまだ少し肌寒い日もありますので、1枚羽織れる物を持つなどコーディネートを工夫して風邪など引かないようにしてくださいね!

さて、今回のコラムのテーマは「デザイン入稿方法について」です。
オリジナルTシャツに、ご自身で撮影した写真やAdobe Illustrator、Adobe Photoshopなどで加工したオリジナル画像をプリントしたい方はぜひチェックしてみてください♪

デザインデータを自分で作るのはちょっと難しいなという方もご安心ください! 後半ではラブラボオリジナル無料デザインテンプレート集も紹介しております。

手描き原稿をご用意いただく方へ

画像加工ソフトをお持ちでない方は、手描きのイラストでもOKです! ご注文・お見積もり用紙(PDF)か白い紙に、黒のサインペン、またはボールペンでデザインを描いてください。
※手描き原稿がラフ画の場合は、プリント原稿にする必要があります。こちらで修正をかける場合には別途版下作成料をいただく場合があります。

ワンポイントアドバイス 太い線で濃く描きましょう★

手描き原稿のポイントは、「太く」「濃く」描くことです! 鉛筆描きなどで線が薄かった場合には、FAXにイラストやロゴがキレイに写らない可能性がありますので気をつけてくださいね。
【送り方】
できあがった手描き原稿は、郵送・FAX・メールのいずれかの方法でお送りください。
※着色してあるデザインやFAXで送れない原稿の場合には、郵送またはメールでお願いします。

IllustratorやPhotoshopでデザインされる方へ

Adobe社のIllustratorやPhotoshopでデザインされる方は、下記のポイントを守ってデータの作成・入稿をお願いします。

Illustrator(イラストレーター)

・テキスト(文字)を使用している場合は、必ずアウトライン化してください。
・拡張子は「.ai」にして、保存してください。
・イラストレーターにフォトショップの画像を配置した場合、必ずフォトショップのデータと共に送ってください。
・フォトショップデータは.epsに変換して配置してください。
・CS6まで対応可能です。
Photoshop(フォトショップ)

・データは解像度が300dpi/inch以上で、プリント希望サイズ又は、それ以上のものでお願いします。
・デザインに白を使用したい場合、白の表現をするために背景に色をつける場合は必ずレイヤー分けをして.psd形式でお願いします。
・シルクスクリーンでのプリントをご希望の場合、Photoshopデータでの入稿は1色のみの場合とさせていただきます。弊社での修正作業が必要な場合は、別途料金が必要となりますのでご了承ください。
・CS6まで対応可能です。
対応の難しいデータ形式、データ送付先、データ圧縮方法はこちら >>>

無料のデザインテンプレートもご利用ください

イメージはあるけど、思うようなデザインがうまく描けないあなたへ

そんなあなたにはラブラボのデザイナーが作成した無料デザインテンプレートがおすすめ!なんと3,000種類以上(日本一!)からお選びいただけます。文字・スポーツ・バンド・動物などのカテゴリ検索に加え、かっこいい・かわいい・おしゃれ、などのイメージ検索もOK!気になるキーワードを直接検索ボックスに入れるだけでも、イメージに近いデザインがきっと見つけられますよ♪

ちなみにテンプレートを使用したデザインでご注文いただくと、合計金額から1,000円(税抜)OFF!
ラブラボの人気サービス、ぜひご利用くださいね。

post01_img02

デザインテンプレートはこちら >>>

パーツ集はこちらから >>>

書体一覧はこちらから >>>

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。