コラム

Tシャツデザインにおすすめの無料画像制作ソフト

みなさん、こんにちは。コラム担当の青井です。

post04_img01

機械音痴の私は、Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)などのソフトを扱える人を無条件で尊敬してしまいます。ラブ・ラボのデザイナーもみんな操作が早い早い!
神業すぎて、自分でソフトを扱う気が起こらなくなります(笑)。

そんなAdobe(アドビ)社のPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)は画像制作ソフトとして有名です。でも、イラストレーターやフォトショップはデザインのお仕事をされている方や写真が趣味の方ならお持ちかもしれませんが、高価なソフトなのでお持ちでない方のほうが多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自分でTシャツのデザインを作ろうとお考えの方に向けて、ラブ・ラボおすすめの無料画像制作ソフトをご紹介します!

おすすめ無料画像制作ソフト「GIMP(ギンプ)」

post04_img02

GIMPは、ビットマップ画像(ラスタ画像)の編集・加工用フリーソフトです。アメリカで開発され、1995年からネット上で無料配布されている画像編集ソフトなので、数あるフリーソフトのなかでも世界中の人から愛用されています。ブラシなどプラグインで機能を追加し、カスタマイズできるのも特長です。

【使用感はPhotoshopに近い】
機能や使用感はAdobe社のPhotoshopに近いので、写真を加工してTシャツのデザインを作りたいという人にぴったりだと思います。

GIMP(日本語版)のインストールはこちら >>>
※くわしい方法を知りたい場合は「GIMP インストール方法」などで検索をかけてみてください

おすすめ無料画像制作ソフト「Inkscape(インクスケープ)」

post04_img03

Inkscapeは、ベクターデータの編集・加工用フリーソフトです。一般的にドロー系ソフトというジャンルに属していて、図形を描画していきます。Inkscapeで描いた画像はPhotoshopなどのレタッチ(写真加工)ソフトのように拡大しても画質が劣化しないため、拡大してもオリジナルサイズと同じ画質をキープできるのが特長です。そのため、オリジナルTシャツのロゴデザインなどに適しているといえるでしょう。

【使用感はIllustratorに近い】
Photoshopに近いGIMPに対し、InkscapeはIllustratorと同種の機能を持つフリーソフトという位置付けになっています。

Inkscapeのインストールはこちら >>>
※くわしい方法を知りたい場合は「Inkscapi インストール方法」などで検索をかけてみてください

ラブ・ラボがご紹介したおすすめの無料画像制作ソフトはいかがでしたか?

どんなソフトでもデータを書き出して入稿する拡張子が jpg、png、psd、tiffなどでサイズ(プリントする希望サイズ以上)と解像度(300pdi/inch以上)が条件を満たしていればほぼ対応できます。

作りたいデザインが明確になっている方、自分で納得がいくまでとことんこだわりたい方はぜひこの機会にインストールして、Tシャツ用のオリジナルデザインにチャレンジしてみてくださいね♪

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。