オリジナルウェア

おさらい必須! ディズニーハロウィンの注意事項とは

おさらい必須! ディズニーハロウィンの注意事項とは

ディズニーランド内やディズニーシー内を仮装して楽しめるハロウィン期間。
今か今かと首を長くして待っていたディズニーファンも多いことでしょう。
けれど、ルールを把握しておかないと「せっかく仮装したのに入園できない!」という事態に陥りかねません。
思いっきりディズニーハロウィンを楽しむために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

日によって仮装レベルが制限される!

日によって仮装レベルが制限される!

ハロウィン期間はどのような仮装でも入園できるわけではありません。
まず前提となるのが、ディズニー映画や番組、ゲームのキャラクターに扮すること。
ただし、マーベル社のキャラクターは当てはまらないので注意してください。

ディズニーハロウィンは2016年9月9日(木)~11月1日(火)の間ですが、大人の方はさらに要注意。
この期間に全身の仮装が許されているのは、小学生以下の子供のみです。

 
大人は、9月9日(金)~9月15日(木)、10月25日(火)~10月31日(月)だけ、全身の仮装が許されているのです。
この期間は特別に着替えスペースが設置されますが、混雑により長時間待つケースも少なくありません。

また、待ち時間や着替えの間に入場制限がかかってしまうと、入園自体が不可能になってしまうので気をつけてください。
そして全身の仮装がNGの期間は、部分的なアイテム(カチューシャや帽子、Tシャツなど)をとり入れる程度に仮装を留めておく必要があります。

NGな仮装も頭に入れておこう!

仮装レベルだけでなく、好きなキャラの恰好自体がNGな場合もあります。
例えば、肩ひもがなかったり、お腹が露出していたり、下着や水着が外から見えてしまうなど露出が多い恰好はNGです。

また、ひきずるような長いドレスや髪・装飾、入園ゲートを通れないボリュームがある服装もNG。
さらに、お面やゴムマスク・傷痕・血のり・ヒゲで顔を覆ったり、顔全体に肌と違う色を塗るなどして顔を隠す仮装は入園を断られる場合があります。

ハロウィンで好きなディズニーキャラクターに仮装したら、小道具も揃えたくなることでしょう。
しかし、棒や長杖・ナイフ・モデルガン・尖った小道具・花火など危険を及ぼす恐れがあるものは持ち込み禁止です。
そして、手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cm)に入らないものも持って入れません。
さらに、キックボード・スケートボード・インラインスケート・ローラーがついた靴なども入園できません。

夢の国で楽しく過ごすためにも、しっかりとルールを頭に入れて基本的なマナーを守ることが欠かせません。
仮装に不安を感じる場合は、東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンターに問い合わせてみると安心ですよ。

好きなディズニーキャラクターになりきることができるハロウィン。
周囲への配慮を忘れずに、楽しい時間を過ごしてくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。