オリジナルウェア

オリジナルTシャツで多い“シルクスクリーン”プリントの魅力&注意点

オリジナルTシャツで多い“シルクスクリーン”プリントの魅力&注意点

世界に1つのオリジナルTシャツを作る時、最もスタンダードなプリントの方法として知られているのが「シルクスクリーン」プリントです。
オリジナルTシャツ作りのビギナーさんにもおすすめだというシルクスクリーンプリントとは、一体どのようなものなのでしょうか?
その魅力と活用する際の注意点をご紹介します。

“シルクスクリーン”プリント その魅力とは?

色落ちの心配がない
シルクスクリーンプリントは、作りたいデザインを元にして版画の「版」を作っておき、それをTシャツにのせて印刷する方法。
ラバーインクと呼ばれる油性のインクを使うため、洗濯などによる色落ちの心配が少ないのが魅力です。

安価で沢山作れる
版画の要領で印刷していくシルクスクリーンは、一度「版」を作ってしまえばそれを別のTシャツにのせてプリントしていくだけなので、いくらでも同じデザインのものを作ることができます。
そのため、手間が少なく1枚の単価をお手頃に抑えることができるのです。
学校や会社でのイベント用やノベルティとして配布するためのTシャツなどにピッタリですね。

掠れなどの味がある
シルクスクリーンプリントの魅力の1つに、プリントに個体差が出るという点があります。
業者さんに頼めば限りなくキレイな仕上がりにはなりますが、Tシャツ1つ1つのプリントの印象が少しずつ違ってくるのです。
掠れや色味の微妙な違いなど、1枚として同じ印象のプリントがないのも味があって素敵ですよね。

“シルクスクリーン”プリントを活用する際の注意点とは

シルクスクリーン”プリントを活用する際の注意点とは

多くの魅力があるシルクスクリーンプリントですが、その特性上いくつかの注意点もあります。
まず、版画のように「版」を使って大量生産をするため、基本的に単色のデザインになってしまうという点。
2色以上の色を使ったデザインを作る際にはその分手間とコストがかかるため、シルクスクリーンの魅力の1つである「お手頃」感が薄らいでしまいます。

また、同様の理由で手の込んだデザインを再現するのが難しいという注意点もあります。
簡単なデザインのロゴなどであればすぐに再現・大量生産できるため、デザインを決める段階で考慮しておくといいですね。

デザイン・生地などイチから自分で考えたオリジナルTシャツをお手頃にたくさん作ることができる「シルクスクリーンプリント」。
注意点もしっかりと知ったうえで、その魅力を最大限に生かしたおしゃれなTシャツを作りたいですね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。