イベント

文化祭の思い出に! 「クラスTシャツ」作成のアイディア

文化祭の思い出に! 「クラスTシャツ」作成のアイディア

学生時代の大きなイベントである「文化祭」。今しかできない貴重な経験だからこそ、思いっきり楽しんで思い出の残るものにしたいですよね。
そんな文化祭にぜひ取り入れたいのが、クラスで作る「オリジナルTシャツ」。
いつまでも残しておきたい、「クラスTシャツ」を作成する際のアイディアを紹介していきます。

そのクラスの特色が見えるデザイン

例えば担任の先生の似顔絵やクラスメイトの名前を全員分入れるなど、そのクラスの特色を出したクラスTシャツなら、見ただけでクラスや文化祭のことを思い出せる素敵なアイテムになります。
担任の先生をキャラクター化してみても良いですし、思い切ってクラスメイト全員の似顔絵を描いてみても楽しいかもしれませんね。
絵が苦手な場合は、写真をTシャツに使ってもOKです。

また背番号や一人一人の名前をTシャツに入れるのも人気のデザイン。
名前の代わりにその人のキャッチコピーやあだ名などを入れるのも良いですね。

有名なロゴなどをもじったパロディデザイン

お菓子や企業・アーティスト・ブランドなどのロゴを少し変え作ったパロディTシャツも、人気の高いクラスTシャツデザイン。
さりげなくクラスの学年や組を入れたり、ロゴの文字をどう変えるか考えるのも楽しいですね。

またパロディTシャツはほとんどの場合、あまり抵抗感なくみんなが着ることができるのも嬉しいメリットのひとつ。
どこかにそのクラスらしさを取り入れると、より思い出深いものになりますね。

飲料水の成分表をイメージしたデザイン

飲料水の成分表をイメージしたデザイン

飲料水の成分表に似せ、学年や組・賞味期限部分に卒業する年月日などを入れるなど、成分表の内容とクラス紹介をうまく掛け合わせたデザインも人気です。

原材料名にクラス全員の名前を入れたり、リサイクルマーク部分に担任の先生の名前やニックネームを入れるなど細かな部分に工夫が見られるとより楽しいですね。
バーコードなどを入れることでより成分表らしく見え、デザイン性もアップ。
注意書きをユーモラスに書いたり、あえてよく見ないと読めないようローマ字や英語などで少し感動的な言葉を書いても良いですね。

ネタ系Tシャツデザイン

流行っているギャグや言葉をデザインに入れて、笑いを取るクラスTシャツも根強く人気のあるデザインです。
担任の先生にアニメの格好をさせるなど、「担任いじり」デザインも実は多いもの。
楽しいクラスTシャツで、素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。