オリジナルウェア

思い出に残るクラスTシャツを作るためのデザイン案

思い出に残るクラスTシャツを作るためのデザイン案

学園祭の季節が近づくと、クラスでの出し物とともにクラスTシャツのデザイン案を考えることも多くなります。
今所属しているクラスで文化祭を行うのは1回きりです。だからこそ皆で素敵なTシャツを作りたいですよね。
そんなとき参考にできるデザイン案を紹介します。

名前入りにする

「クラスTシャツ」には、団結力を高めるためにクラス全員の名前を入れたいですよね。
時には名前ではなく、1人1人のキャッチコピーを入れるクラスもあるようです。
名前とキャッチコピーを同時に入れることで食べ物や飲み物の成分表示っぽくするのも面白いですね。

(例)製品名 ○年○組
原材料名:真面目、団結力、情熱
使用上の注意:野球部顧問の先生のもと、行事にはかなり気合を入れて臨みます。
ただし、授業も真面目に受ける、文武両道クラスですのでご安心ください。
これはあくまでも一例です。それぞれが所属しているクラスの個性が伝わるものに仕上げていけるといいですね。

何をパロディーにするかが腕の見せ所

学生に人気なのが、何かのパロディーをすることでクラスの個性を出すものです。
いくつか例をあげます。

■日曜日の夜の定番、長寿アニメ「サザエさん」のエンディングを模したパロディー
 クラスの団結力を表すのにはピッタリです。旗を持つのは、もちろん担任の先生です。

■世界でもメジャーな炭酸飲料「コカ・コーラ」パロディー
コカ・コーラのロゴのところを担任の先生+「class」にしてみてもかっこいいです。
クラスや学年のカラーが赤なら、デザイン候補の1つにしてもいいでしょう。

■大阪・道頓堀のものが有名な「グリコ」パロディー
グリコの顔を担任の先生にして、目立たせてみるのも面白いです。
先生のガタイがよければもっとそれっぽくなりそうですね。

■誰もが一度は行ったことがある、夢の国パロディー
夢の国のロゴをアレンジしてクラス名を目立たせたいときに使うといい案です。
本来のロゴにはお城が入っているところに、教室の写真を入れるのもいいかもしれません。

上記の案を参考にしながらクラスの模擬店の雰囲気に合ったものにしていくのがいいでしょう。
例えば、クラス内の模擬店でアイスクリームを売るならばサーティーワンやコールドストーンのロゴ風にデザインをしてみるのはいかがでしょうか。

「コスプレ」っぽさを楽しむのも○

「コスプレ」っぽさを楽しむのも○

販売されているTシャツをイメージして、デザインをするというのもいいでしょう。
例えばネクタイやセーラー服をプリントしてコスプレっぽさを楽しむのも、オリジナルTシャツだからこそなせる芸当です。
文化祭や学園祭というお祭り気分に乗っかっているからこそのデザインになります。

オリジナルTシャツデザイン案を6つ紹介してきました。
オリジナルTシャツは、自分たちで作るからこそ、既製品にはない個性とユーモアをデザインに反映することができます。
ただし、デザインをする際に著作権に触れることが多々ありますので、許可を取ってから使用しましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。