オリジナルウェア

クラスTシャツは数字の語呂合わせでオリジナリティを!

クラスTシャツは数字の語呂合わせでオリジナリティを!

「ほかとは絶対にかぶらないオリジナリティのあるクラスTシャツを作りたい!」

「でも良いアイデアが浮かばない……」という人はいませんか?
ありきたりなものではなく、かっこいいデザインを可能にしてくれるのが、数字の語呂合わせです。
数字の語呂合わせをクラスTシャツのデザインに取り入れてみませんか?

語呂合わせってなに?

語呂合わせとは、数字をひらがなに当てはめて読むことです。
11月22日は語呂合わせで『いい夫婦』の日とされているのが、その代表ですね。
年号などを覚えるときにも語呂合わせはよく使われます。
これをオリジナルTシャツのデザインとして使うとインパクトがあり、他のクラスとはかぶりにくいオリジナリティのあるTシャツを作ることができます。

使える文字はたくさんある!

「数字は1から0までと限られていて、語呂合わせでメッセージなんて無理なんじゃ……」と思われがちですが、意外と使える文字がたくさんなるのです。
1は普通『イチ』と読みますが、『イ』や『ヒト』、『ワン』などとも読むことができますね。
同様に2は『二』『フタ』『フ』『ツ』などと読みます。
読むことができる可能性を広げて、オリジナルのメッセージを作ってみましょう。

短く・わかりやすくがポイント!

クラスTシャツなどに数字の語呂合わせを使う場合、だらだらと数字を連ねてメッセージを作っていくよりも、短くわかりやすい語呂合わせを作るのがおすすめです。
デザイン的にもかっこよくしたいはずですから、ワンポイントとなるようなものが良いですね。

入れる場所でも印象が変わる!

1025_16

語呂合わせが決まったら、どの場所に入れるかも決めましょう。
入れる場所によって印象が大きく変わりますよ。
背番号のように大きく入れるのか、袖や裾にワンポイントとして入れるのか、それともデザインのひとつとしてさりげなくプラスするのか、バランスを見ながら入れる場所を決めることをおすすめします。

お揃いのクラスTシャツを作れば、クラスの団結がアップすることも間違いなし。
他のクラスと差をつけて、羨ましがられるクラスTシャツでアピールしてみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。