イベント

どれが似合う? 顔の形別にみる似合うキャップの選び方

どれが似合う? 顔の形別にみる似合うキャップの選び方

キャップは全体の雰囲気を決める重要なファッションアイテムとして、年齢や性別にかかわらず多くの方に取り入れられています。
もっと上手にキャップを取り入れたいけど、どんなキャップが似合うかわからないという方はいませんか?
そこで今回は、顔の形別に似合うキャップの選び方を紹介します!

大きめのツバは丸顔さんに向いている!

丸顔の方は「顔が大きく見えるのではないか」という悩みを持っている人が多く、そのためキャップもちょっと敬遠しているという人もいるのではないでしょうか。
丸顔の人におすすめしたいのは、野球帽などツバが少し大きめで滑らかなフォルムのキャップです。
顔の形と同じような滑らかなデザインは顔なじみがよく、しっくりときます。
少し小さめのサイズをチョイスして、浅めにかぶるのがコツですね。

面長さんはワークキャップですっきり!

面長の方は比較的どんなデザインの帽子も似合う万能タイプです。
ただし、高さがあるキャップは面長を強調してしまうため、浅くかぶることができるワークキャップなどがおすすめ。
ハンチングなども平たくかぶることができるので、面長さんには似合うキャップです。
ニットキャップやツバ広帽などは深めにかぶるといいでしょう。

ベース顔さんはボリュームのあるキャップを!

すっきりしたデザインのキャップは、ベース顔の特徴でもあるエラが目立ちやすくなってしまいます。
エラを上手にぼかすために、キャップは少しボリュームのあるものがおすすめです。
ツバ広帽もいいですし、意外と似合うのがアシンメトリーのデザインのキャップ。
片方だけにボリュームがあることで、フェイスラインがすっきりと見えます。
ハンチングやワークキャップを選ぶときは、ツバが大きめのものを選び、ちょっと斜めにかぶるといいでしょう。

丸いフォルムのキャップなら逆三角さん!

アゴがシュッとした逆三角の人は、トップのフォルムが丸いデザインのキャップがよく似合います。
野球帽ならツバが小ぶりのものがおすすめ。フェルトハットもトップが丸いものを選ぶといいでしょう。
キャップが大きいとアンバランスになってしまうので、小さめでしっかりかぶれるサイズを選びます。

気に入ったキャップのサイズが大きい時は……?

気に入ったキャップのサイズが大きい時は……?

このキャップが気に入ったけどサイズが大きい、という場合は、キャップの内側にある『スベリ』というひだに、キャップサイザーという薄いスポンジを挟みましょう。
新聞紙や手持ちのスポンジでも代用できるので、サイズ感がしっくりこないな、というキャップがあれば、試してみましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。