トレンド

【飲食店向け】外国人観光客に喜んでもらうポイント

【飲食店向け】外国人観光客に喜んでもらうポイント

2020年に東京オリンピックが開催されるため、今から外国人観光客の心をつかむ工夫を取り入れることが大事です。
店舗の改装のような大掛かりなことをしなくても、実は工夫できることがたくさんあります。
日本の飲食店が外国人観光客に喜んでもらうために工夫できるポイントを、いくつかご紹介します。

メニューの表記を工夫する

メニューの表記を工夫する

旅の楽しみといえば、その土地ならではのグルメです。
日本食は一昔前とは違って、さまざまな国で知られる存在になりました。
寿司やてんぷらといったこれまで有名だった日本食だけでなく、ラーメン店やうどん店などの専門店が外国で新しく店舗をオープンしていることも珍しくありません。

その一方で、外国では食べることができない日本のグルメを探し出したいと考えている観光客もいることでしょう。
しかし、初めて食べる料理の内容がまったくわからない状態だと、不安を感じる人も多いはず。

「食べてみたいけれど、どんなものが入っているのか分からないから挑戦できない……」という状態を避けるために、メニューに写真やイラストを掲載すると親切です。
より詳しい解説を英語などでメニューに掲載できれば、なお良いですね。

店の近隣の観光マップを制作

外国人観光客は、必ずしも食事をとるためだけにその街を訪れるわけではありません。
限られた滞在時間中、可能な限り色々な観光地を巡りたいと考えている人は多いはず。
店の近くの情報が記載された手作りの観光マップを用意しておけば、きっと喜ばれることでしょう。

たとえ付近に有名な観光地ではなかったとしても、商店街、ショッピングモール、公園、神社などがあれば紹介してみてはいかがでしょうか。
ドラッグストアの場所や水道が使える場所などの情報は、旅行者にとって有益な情報となることでしょう。

オリジナルTシャツを取り入れる

日本ならではの民族衣装を見物することも楽しみにしている外国人観光客もいると考えられます。

たとえば、浴衣や着物といった衣装です。京都の舞妓さんの人気の高さからも、衣装の重要性が理解できますよね。
制服を一新することは難しくても、漢字や和風のモチーフを取り入れた店のオリジナルTシャツを制作することは比較的簡単です。
お店の雰囲気とあうものを作ってみてはいかがでしょうか。

さらに、オリジナルTシャツには着用しているスタッフ間の絆を深める効果も期待できます。

2020年の東京オリンピックまで残すところあと数年。
せっかくの機会ですので、さまざまなアイテムを上手く使ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。