トレンド

Tシャツのサイズは小さめと大き目どちらを選ぶべき?

Tシャツのサイズは小さめと大き目どちらを選ぶべき?

Tシャツをカッコよく着こなすためには、サイズ感が重要です。
Tシャツのサイズは、小さめと大き目どちらを選ぶべきなのでしょうか。
小さめサイズと大きめサイズの視覚効果やTシャツのサイズ選びに役立つ着こなし方法をお伝えします。

サイズによって異なる視覚効果

サイズによって異なる視覚効果

小さいサイズのTシャツを選んで体にぴったりとフィットさせる場合、ボディラインが出やすいことが特徴です。
肉体美を活かしたいのであれば、小さめのサイズを選ぶことがおすすめ。

しかし、あまりに小さすぎると動くたびに袖や裾が上がってきてしまうという事態になりかねません。
その点、ストレッチがよくきいた生地のTシャツを選ぶと、動いてもずれにくく便利です。

一方、大き目サイズのTシャツを選ぶとボディラインを隠す効果が期待できます。
そのため、トップスのシルエットにゆとりをもたせたいときはオーバーサイズを選ぶと良いでしょう。

大き目サイズのTシャツを選ぶ時の注意点

上半身の体格を隠したいあまり、大きすぎるサイズを選ぶと逆効果となってしまうことがあります。
そうならないためのポイントは、襟元の開き具合と丈感です。
サイズが大きすぎれば襟元に大きな空間が生まれてしまい、だらしない雰囲気となってしまいます。

また、丈が中途半端に長すぎるとウエストやヒップのサイズがかえって大きく見えてしまうでしょう。
さらに、体の太い部分が中途半端に隠れているとメリハリのないボディラインに見えてしまうので注意しましょう。

Tシャツの着こなしにはボトムとの相性が重要

Tシャツのサイズ選びに迷ったら、ボトムスのシルエットに注目してみましょう。
ぴったりと脚のラインにフィットするボトムスを選んだのに、小さめサイズのTシャツを選択してしまうと体形がまるわかりの着こなしになりがちです。
上下のバランスを考えながらコーディネートすると、メリハリができて着こなし上手に見えます。

また、トップスとボトムスに同系色を選ぶとすっきりとまとまる一方でのっぺりとしてメリハリがない着こなしになってしまうため、アウターや小物類に反対色やコントラストが大きく異なる色を持ってくるなどの工夫をすることをおすすめします。

ちょっとしたサイズのさじ加減で見た目は大きく変わります。
家にあるアイテムを上手く差し引きして、自分のイメージ通りのTシャツコーディネートを完成させましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。