ローカル

引越し後に何故新しい浴槽でうどん? 不思議な香川の風習って?

引越し後に何故新しい浴槽でうどん? 不思議な香川の風習って?

自然豊かな環境と、うどんの消費量が日本で最も多いことでも知られる香川県ですが、香川県には他県の人がアッと驚く不思議な風習があることをご存じでしょうか?
香川県ではうどんに関する面白い風習が非常に多いことが特徴です。
今回はそんな香川県の風習の中から「うどんと風呂」にまつわる風習をご紹介いたします。

香川県の引越しの変わった風習

うどんの街として知られている香川県は「電柱よりもうどん屋の数の方が多い」といったものや「水道の蛇口をひねると、うどんのダシがでる」などの不思議な噂が多くあります。

そんな香川県では新築をして新居に引っ越したあと、年長者から順番にお風呂に入って湯船につかりつつ、うどんを食べてお祝いをするといった風習があります。
これによって脳溢血などを起こして半身不随や手足のしびれなどの後遺症、いわゆる中風に苦しむことがないようにという願掛けの意味合いがあります。

高校生の大学受験前だったり、大掛かりな仕事を始めるなどの勝負どころでは、よく「カツ丼」を食べることもありますよね。
それと似たような形で香川県では「太く長く生きられるように」と願いを込めて行われています。

香川県民は「うどん」「風呂」に対してどのような想いを持っていたのか

香川県民は「うどん」「風呂」に対してどのような想いを持っていたのか

実は香川県には「家族内の引越し」だけでなく、例えば町の役場に風呂ができると職員達が風呂に入りうどんを食べたという風習もありました。
こういった慣わしは香川県民にはうどんや風呂に対して強い想いがあったため、このような風習があったと考えられています。

以前は「風呂」は非常に貴重で、とても毎日は焚くことができず、近所の家庭同士で風呂を入れてもらったり、入れてあげたりする「もらい湯」の習慣があったほどでした。そのため地域の近くに「新しく風呂ができること」は非常に大きな慶びごとだったのです。
香川県民にとってうどんは、嬉しいときやお祝いをしたいときに食べる縁起の良い食べ物のため「風呂ができることでうどんを食べる」という習慣が生まれたと考えられています。

香川県では「うどん」や「風呂」に対しての想いの強さから、このような習慣が生まれたと考えられています。
もし香川県に新築の家を建て、引越しをすることを検討されている方は、このような「浴槽でうどん」を試してみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。