ローカル

ココは押さえたい!香川のお花見スポットおすすめ5選

ココは押さえたい!香川のお花見スポットおすすめ5選

桜のつぼみがほころび始めると、春を感じるという方は多いです。
「今年はどこにお花見に行こうかな」と考えている人も多いのではないでしょうか。
香川の桜の見ごろは3月下旬から。
そこで今回は、押さえておきたい香川のお花見スポットを5つご紹介します!

朝日山森林公園

三豊市にある朝日山森林公園は通称『あせび山』と呼ばれていて、個性豊かな公園として市民から愛されています。
この公園にはソメイヨシノなど2000本もの桜が咲き誇り、4月上旬からは『朝日山森林公園桜まつり』が開催されます。
県内からだけでなく、県外からの見物客が多いことも特徴です。
また遊具なども充実しているので、家族連れにとっても行きやすい桜の名所として知られています。

紫雲出山

三豊市にある紫雲出山から見る桜と瀬戸内海の景色は、絶景として多くの人を魅了しています。
紫雲出山には約1000本の桜が咲き誇り、満開になると辺り一面薄ピンク色に染まります。
瀬戸内海の青と桜のピンクのコントラストは、写真に納めたくなるような絶景です。
桜の季節にはライトアップも行われ、夜桜鑑賞ができるスポットとしても人気を集めています。

金刀比羅宮

香川県民で昔から「こんぴらさん」として愛されている『金刀比羅宮』。
仲多度郡にある金刀比羅宮では、毎年4月10日には本宮で『桜花祭』が開催されます。
本宮には約3500本の桜が植えられていて、満開の桜馬場を神職や巫女が参進する様子を見ることが可能です。
桜の見ごろは3月下旬から始まり、期間中は多くのお花見客でにぎわいます。

県立琴弾公園

観音寺市にある『県立琴弾公園』は約500本の桜が咲き、国の名勝にも指定されている桜の名所です。
桜だけでなく、琴弾八幡宮や神恵院、観音寺といった名所や旧跡を散策しながら楽しむことができます。
公園内には2000本を超える老松も植えられており、桜とのコントラストが素晴らしいと評判です。

県立桃陵公園

県立桃陵公園

仲多度郡にある『県立桃陵公園』は、香川県屈指の桜の名所として知られています。
約2500本のソメイヨシノが咲き誇る公園内は、昼間のお花見はもちろん、花見期間中にはライトアップもされるので、夜桜鑑賞もおすすめです。
展望台からは瀬戸内海も一望することができたり、遊歩道を散策したりと、お花見以外にもゆったりと過ごすことができるスポットです。
見ごろは4月上旬からと、ほかのスポットよりも少し遅めです。

香川には桜の名所と呼ばれているスポットがたくさんあり、それぞれ違った魅力があります。
スポットによって3月下旬から4月中旬までと、比較的長く桜を楽しむことができるということも香川のお花見の魅力ではないでしょうか。
展望台から眺める桜や、歴史と一緒に楽しむ桜、ライトアップされた桜など、いろいろな桜の名所を訪れてみるのもいいかもしれません。
ぜひお花見スポット選びの参考にしてみてくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。