オリジナルウェア

オリジナルTシャツ作成時は「著作権」に要注意!

オリジナルTシャツ作成時は「著作権」に要注意!

オリジナルTシャツの魅力は自分で自由にデザインできるところです。しかし、いくら自由にデザインできるからと言って、好きな漫画のキャラクターや好きなブランドのロゴなどをTシャツのデザインに勝手に使用すると著作権法の侵害になるので注意が必要です。ここでは、オリジナルTシャツを作る際の著作権上の注意点について見ていきたいと思います。

著作権について

オリジナルTシャツを自分自身で着たり身近な人へのプレゼントとして作るのだから著作権なんて気にしなくても良いだろうと気軽に考えている方もいるかもしれません。
しかし、オリジナルTシャツを作って販売するなどの商業的な目的を持っていない場合でも、著作者の利用許可なくキャラクターやロゴなどをデザインに使用した場合は著作権法の侵害になります。

その人ならではの個性をもとに作り出したものを著作物と言いますが、その著作物を作り出した人のことを著作者と言います。何かの著作物を第三者が著作者に利用許可を得ることなく勝手にデザインに使用した場合は著作権法の侵害となり、侵害の停止やその予防に必要な措置を請求されることがあるのです。

つまり、著作者の許可なくキャラクターなどをオリジナルTシャツに勝手に使用していた場合、たとえ自分で作ったオリジナルTシャツでも使用停止が求められる可能性があります。それだけではなく場合によっては損害賠償の請求や刑罰が科せられる場合もあるので注意が必要です。

著作権を意識したオリジナルTシャツの作り方

・漫画やアニメのキャラクターを使用しない
オリジナルTシャツのデザインを作る際に漫画やアニメのキャラクターを使用しないようにしましょう。特定のキャラクターを使用したオリジナルTシャツは当然著作権法の侵害に当たりますので、リスクが高いです。

・デザイナーズブランドのロゴを使用しない
デザイナーズブランドのロゴはブランドにとって大きな意味や価値を持つ大切なものです。たとえばプライベートで着用するTシャツや学園祭や文化祭のような行事の際に着用するTシャツなど、どのような場合でも許可なくブランドのロゴをデザインに使用した場合には著作権法の侵害となるので注意しましょう。

・アーティストなどの有名人のロゴを使用しない
好きなアーティストのロゴをオリジナルTシャツのデザインに使用して、ライブ会場などで着用するような場合でも著作権法の侵害となります。また、ロゴだけではなくアーティストの写真をもとに描いた肖像画などを許可なくデザインに使用した場合、著作権法の侵害だけではなく肖像権の侵害になる場合もあるので注意しましょう。

著作権は「知らなかった」では済まされない

オリジナルTシャツ作成時は「著作権」に要注意!

著作権にまつわる詳しい知識を身につけていない場合、自分でも気づかないうちに著作権法を侵害してしまうことがあります。万が一著作権法を侵害している場合には、大きなトラブルの原因となるのでオリジナルTシャツのデザインを作成する際には十分に気をつけるようにしましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。