オリジナルウェア

オリジナルTシャツに使いたいワンポイントはどれを選ぶ?

オリジナルTシャツに使いたいワンポイントはどれを選ぶ?

ワンポイントデザインのTシャツはお洒落でスタイリッシュな雰囲気があります。シンプルなデザインだからこそコーデしやすく、さり気なくデザインを主張できるので、オリジナルTシャツを幅広く着こなしたい場合に最適です。
ここでは、オリジナルTシャツにおすすめワンポイントデザインをご紹介したいと思います。

オリジナルTシャツにおすすめのワンポイントのデザイン

・ブランドロゴ風の小さめワンポイント
ブランドTシャツの中にはブランドマークを小さめにあしらったものがあります。大きめにレイアウトするよりもワンポイント的にレイアウトしたほうが上品な印象を与えるので、かえってデザインの良さが際立つのです。ただし、本物のブランドロゴは著作権法との兼ね合いがあるので使用しないでおきましょう。あくまで「風」に留めておいてください。

オリジナルTシャツを作る際には、好きな動物・花・数字などのモチーフをTシャツのどこかにごく小さめにワンポイントで入れることでコーデのアクセントになります。Tシャツのワンポイントがアクセサリー代わりになるのでコーデ全体が引き締まりお洒落な印象を与えるでしょう。

・家紋を使ったワンポイント
家紋は日本で古くから珍重されているもので血統や家柄を表すものです。一般的に着物に使用されるものですが、家紋は種類が豊富でそれぞれ独自の美しさがあるのでオリジナルTシャツのデザインのモチーフとしておすすめです。

Tシャツにワンポイントで家紋を入れることで上品な雰囲気のデザインに仕上がりさり気なく個性を主張することができるでしょう。和のモチーフを使ったオリジナルTシャツをコーデにとり入れることでいつもと違ったお洒落を楽しめます。

・遊び心のあるモチーフのワンポイント
オリジナルTシャツにワンポイントを入れるならユニークなモチーフを選んでみると良いかもしれません。日常で目にするマークなどを自分流にアレンジしてみたり、モンスターや宇宙人などTシャツのモチーフとしてあまり使われないようなものをワンポイントで入れることで遊び心のあるTシャツに仕上がるでしょう。

ワンポイントを入れる位置と印刷範囲

同じデザインでもワンポイントを入れる位置によってオリジナルTシャツの雰囲気が違ってきます。印刷位置として一般的なのが左胸・右胸・左袖・右袖・背面の襟です。業者によってワンポイントの印刷範囲が決まっているので、あらかじめ印刷範囲を確認してその範囲内でデザインするようにしましょう。ワンポイントの印刷範囲は狭いことから、画像などを用いたモチーフよりもシンプルな形状のモチーフのほうがデザインの良さが際立ちます。

オリジナルTシャツに使いたいワンポイントはどれを選ぶ?

ワンポイントのデザインは小さくプリントされるからこそ、デザインの良さが光るモチーフを選ぶ必要があります。さり気なく個性を主張できるワンポイントデザインのオリジナルTシャツで自分ならではのお洒落を楽しみたいですね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。