ローカル

サークル活動で熱中症!? 特に気を付けたいスポーツは?

サークル活動で熱中症!? 特に気を付けたいスポーツは?

大学生になると、サークル活動も大学生活の楽しみのひとつとなります。
大学内にもあらゆるサークルや部活がありますし、屋内・屋外と選択肢はさまざまです。
中には熱中症に気を付けなければいけないスポーツもたくさんあります。
そこで今回は、特に熱中症に気を付けたいスポーツと、熱中症対策について紹介します。

たくさん汗をかくようなスポーツは注意!

このスポーツだから熱中症になりやすい、ということは特になく、どのスポーツをする時にも熱中症になるリスクは否定できません。
しかしその中でも、たくさん汗をかくようなスポーツは注意が必要です。
たとえば、ラグビーやサッカーなどは競技人口が多いこともあり、短時間でも熱中症にかかることがあります。
テニスなど日差しを遮るものが少ない場所で行うスポーツも注意が必要です。

屋内だからと油断は大敵!

屋内のスポーツなら直射日光も当たらないし、熱中症になりにくいだろうと思う人も多いですが、最近は屋内での熱中症が増えています。
バスケットボールやバレーボールは室内でもかなりの運動量があるので注意が必要です。剣道や柔道なども厚手の道着を着て行うので、熱中症のリスクは決して少なくないと言えるでしょう。
室内だからと言って油断をすることなく、いつでもだれでも熱中症にかかるリスクがある、ということを頭に置いておくことが大切です。

熱中症対策、どうしたらいい?

◆屋外の場合
・日差しが強くなる時間帯は避ける
・定期的に日陰に入り小休止を取る
・暑い日は日陰でできるメニューに変える

◆屋内の場合
・風通しを良くする
・室温が高い日は涼しい服装でできるメニューにする

◆熱中症を防ぐためにやりたい5つのこと
屋外・屋内にかかわらず、熱中症を防ぐためにはこまめな水分補給と休憩が大切です。
運動を始める前に水分をとりましょう。また、休憩を適度に取りながら水分を摂取してください。

水分は水だけでなく塩分も一緒にとったほうが良いとされています。
ミネラル分の多い麦茶を飲んだり、キャンディーをなめてもいいでしょう。
少しでも体調が優れない時は、暑い日の運動を避けることも熱中症予防になりますね。クーラーボックスなどに保冷剤を入れておいて、休憩中に体を冷やすことも有効です。
暑い日が続くようなら中休みを設けて体力の回復を図りましょう。

サークル活動で熱中症!? 特に気を付けたいスポーツは?

「自分は熱中症になんてかからない」、と思っていても思いもよらぬ時に体調が悪くなってしまうことも珍しくありません。
普段から規則正しい生活を心がけたり、栄養バランスのとれた食事をするように心がけるなど、体調管理に努めることも熱中症予防に役立ちます。
楽しくスポーツに取り組むために、できる限りの熱中症対策を行いましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。