ローカル

夏でも滑れる東京のアイススケートリンク おすすめの4つを紹介! 

夏でも滑れる東京のアイススケートリンク おすすめの4つを紹介! 

むし暑い夏だからこそ、涼しいスケートリンクでアイススケートを楽しみたい! そう思った経験はないでしょうか。アイススケートというと冬のイメージが強いですが、東京都内でも真夏に楽しめる室内スケートリンクがたくさんあります。今回は、東京都内で夏でもアイススケートを楽しむことができるスケートリンクを紹介します。

東大和市・BIGBOX東大和スケートセンター

東大和市駅から徒歩1分のところにある『BIGBOX東大和スケートセンター』は、『BIGBOX』という複合アミューズメント施設内にあるスケートリンクです。
アイスホッケーやフィギュアスケートの練習としての活用のほか、もちろん一般のお客さんも遊びに来ることができます。年中無休なので、思いついたときに遊びに行くことができるという点も魅力のひとつ。また、団体での貸し切りや予約なども可能なので、学校や地域のイベントなどでの利用もおすすめです。

新宿区・明治神宮外苑アイススケート場

新宿区『明治神宮外苑アイススケート場』は、世界大会基準に合わせた60m×30mという、広いスケートリンクが体感できるのが特徴です。
スケートレッスンも充実していて、幼児から中学生までがレベルに合わせたレッスンを受けることができます。インストラクターの技術も高く、丁寧で細やかな指導が評判です。

夏でも滑れる東京のアイススケートリンク おすすめの4つを紹介! 

新宿区・シチズンプラザ アイススケート

ボウリングやテニスなども楽しむことができる複合エンターテインメント施設『シチズンプラザ』内にある『シチズンプラザ アイススケート』は、高田馬場駅から徒歩7分のところにあります。年中無休で、スケート教室も定期的に開催しています。レジャーでの利用から、お子さんの習い事での利用まで、幅広く活用されているスケートリンクです。

西東京市・ダイドードリンコ アイスアリーナ

東伏見駅から徒歩1分、駐車場は100台もの収容台数という好立地にあることから、近隣はもちろん遠方からも足を運ぶ人が多いスケートリンクです。
スケートリンク内には3500人の観客を収容できる観客席もあり、広々とした空間が特徴となっています。休日には季節を問わず多くの客が訪れ、定期開催される休日のスケート教室も人気です。初めてスケート靴を履くという子どもから、少し滑ることができる人まで、レベルに合わせて指導を受けることができます。平日にはフィギュアスケート教室も開催されており、本格的に取り組んでいる生徒も多いです。

夏にアイススケートを楽しむことができる施設は限られていますが、暑い時期のアイススケートは気分も涼やかになること間違いなしです。真夏はつい防寒着や手袋などを忘れがちですが、スケートリンク内は真冬並みの寒さです。忘れ物のないように気をつけましょう。夕方以降は割引される施設や、お得な回数券を販売している施設もあるので、お目当ての施設の情報をチェックしてからお出かけすることをおすすめします。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。