トレンド

【コンプレックス別】体型カバーできる水着4選

【コンプレックス別】体型カバーできる水着4選

体にコンプレックスを抱えている人は多く、そのコンプレックスは人によって違います。
それでも夏になれば海やプールなど、水着を着る機会も増えるはず。
「体型のコンプレックスを隠したい、でも夏を満喫したい!」と考えている女性の皆様に向けて、今回は体型をカバーする水着を、コンプレックス別に4つご紹介します。

やっぱりお腹が気になる! 「ウエストカバー」には「タンキニ」

水着になるのを躊躇してしまう理由に「ウエストまわり」を挙げる方は多いです。お腹のラインがでてしまうのは避けたいですよね。

引き締まっていないお腹にお悩みの方は「タンキニ」を選んでみてはいかがでしょうか。
タンキニというと、やぼったいイメージがありますが、ここ数年はデザイン性の高いものが増えてきています。
バスト下から切り返しがあり、お腹周りをふんわりカバーしてくれるデザインや、ワンピースのように見えるデザインも人気です。

二の腕をほっそり見せたい! 「オフショルダー」が◎

思い切って出してしまったほうがすっきり見える、とよく言われますが、やっぱり気になる部分はカバーしたいもの。その代表が二の腕です。
二の腕にコンプレックスのある方はオフショルダーの水着でカバーしましょう。
二の腕にボリュームを持たせ、デコルテと肩をすっきり見せることで、二の腕をほっそり見せてくれます。

バストの小ささをカバーしたい! 「フリルビキニ」でボリュームを

水着を着るとバストの大きさが一目瞭然になってしまうのがコンプレックス、という人も多いです。
小ぶりなバストをカバーするなら、胸元にボリュームのあるデザインを選ぶのがオススメです。
フリルがたっぷりあしらわれたかわいらしいデザインの水着は、バストにボリュームを持たせて小ささをカバーしてくれます。
フリルは幼すぎるというのであれば、フリンジでもOKです。
「もっとすっきり見せたい」「スポーティな感じが良い」という人は、バンドゥタイプの水着を選んでもいいかもしれませんね!

大きなヒップは隠したい!ショートパンツタイプをチョイス!

大きなヒップや下半身をカバーしたいという人も多いでしょう。
下半身をカバーするなら、ボトムがショートパンツタイプのものを選ぶのがおすすめです。ショートパンツタイプだと足長効果が気になるという場合は、お腹周りからお尻周りまですべてをカバーできるキャミソールタイプを選んでみては?
下半身だけカバーしたいなら、スカートが付属している水着をチョイスしてもいいかもしれません。

【コンプレックス別】体型カバーできる水着4選

それぞれコンプレックス別に体型をカバーしてくれる水着を紹介しました。
同じようなデザインでもカラーや柄によって雰囲気を変えることができますし、それによってすっきり見えることもあります。
もちろん、「自分が着たい水着」「自分に似合う水着」を選ぶことも大切です。自分が何を重視したいのかで選べば、きっと満足のいく時間を過ごせるはずですよ。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。