オリジナルウェア

色や図形の錯覚を利用しておもしろオリジナルTシャツを作ろう! 

色や図形の錯覚を利用しておもしろオリジナルTシャツを作ろう! 

ただの平面のはずなのに立体的に見える3Dアートや、目の錯覚を利用しただまし絵など、さまざまなアートが注目されています。目の錯覚を利用したものはアートだけにとどまらず、いろいろなアイテムに使われています。
その中でも一番注目されているのがTシャツ。今回は、色や形の錯覚を利用したオリジナルTシャツについてご紹介します。

オリジナルTシャツはより個性的に!

学生のサークルや社会人クラブなどでオリジナルTシャツを作りたい! と考えている人も多いのではないでしょうか。オリジナルTシャツというと、ロゴやメッセージなどを入れたものがオーソドックスですが、ほかのチームとどこか似たようなデザインになりがちです。
「オリジナルTシャツを作りたいけどほかのチームとはひと味違うものを作りたい。」
そんなときは目の錯覚を利用したデザインがおすすめです。
図形を使って目の錯覚を起こすデザインや、色を使っただまし絵など、アイデアはたくさん! あまりデザインに取り入れている方も少ないので、オリジナリティを演出することができます。

図形の錯覚を利用してスタイリッシュに

図形の錯覚を利用した代表的なデザインを2つご紹介します。

●黒い正方形で平行線が歪んで見える「カフェウォール錯視」
複数の平行線の間に、白と黒の正方形を少しずつずらして配置したデザインです。膨張色の白と収縮色の黒を少しずつずらすことで、あたかも線が歪んでいるかのように見える「カフェウォール錯視」を利用しています。

●チェック柄が立体的に見える「膨らみの錯視」
チェック柄のそれぞれの正方形の角に、白には黒、黒には白の小さい正方形を描きます。するとチェック柄は小さい正方形が描かれた辺が大きく見え、チェック柄全体が膨らんで見えるのです。体型をカバーするのにも利用できる錯覚デザインですね。

動きや立体感を表現できる錯覚デザインは、見る人の注目を集めます。Tシャツのベースの色に合わせてデザインのカラーを変えてみても面白いかもしれません。

実は同じ色? 色の錯覚もおもしろい!

目の錯覚は模様だけではありません。色の錯覚は、さまざまな色を組み合わせられるオリジナルTシャツにぴったり!
有名なのが同じ色が背景によって違う色に見えてしまう錯覚です。
同じ色で描かれたシルエットを、左右異なる色の背景に描くことで、シルエットが違う色に見えます。この錯覚を使えば、スタイリッシュなデザインからキュートなものまで幅広く活用できるのでおすすめです。

実はイラスト! だまし絵Tシャツも◎!

パッと見はネクタイをしているように見えるけど、実はイラスト! というだまし絵Tシャツもお洒落なデザインです。ネクタイだけでなく、ポケットにハサミやペンが入っているデザインもかわいいですね。陰影を描いた3Dイラストにすれば、より本格的な立体デザインが完成します。

色や図形の錯覚を利用しておもしろオリジナルTシャツを作ろう! 

だまし絵や目の錯覚を利用したオリジナルTシャツは、ほかのサークルやチームとは違うオリジナリティを出すことができるのでおすすめです。
ワンポイントとして取り入れるのもいいですし、フロントプリントやバックプリントにドン! と取り入れてもインパクトがあります。サークルやチームのイメージに近いデザインをメンバー同士で考えてもいいかもしれません。色や形の錯覚デザインで、素敵なオリジナルTシャツを作ってくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。