オリジナルウェア

Tシャツを上手に収納する4つのテクニック

Tシャツを上手に収納する4つのテクニック

Tシャツが増えてくると、どうしても「収納」の悩みがつきまといますよね。
キャパシティの問題で収納ができないという悩みだけではなく、うまく収納ができずに着たいTシャツが見つからないことも。
今回はTシャツ収納のコツを4つピックアップしてご紹介します。Tシャツだけではなく他の衣類にも使えるテクニックばかりなので、ぜひ活用してみてくださいね!

・Tシャツの襟口が見えるように立てて収納する
Tシャツを平積みする収納方法はTシャツにしわが寄ってしまいます。Tシャツを立てるように収納すればしわが寄らず、どこにどんなTシャツを収納しているのか一目瞭然です。引き出しや収納ボックスにTシャツを並べる際には襟口が上になるように立てて収納するのがコツです。取り出す時も襟口を持って素早く取り出せます。

・ロール状にたたんだTシャツを引き出しの中に収納する
収納スペースがない時は、Tシャツをロール状にたたむとスペースを有効に使うことができます。ロール状にたたんだTシャツを立てた状態で引き出しに並べていくと、場所を取らずどこにどんなTシャツを収納しているのかすぐに分かります。

・Tシャツの色で分類して「見せる収納」をする
「見せる収納」のメリットはどこに何があるのかすぐに分かる点です。Tシャツの場合であれば、よりオシャレに見せるために色で分類すると良いでしょう。色別に並べたTシャツを立てて棚に並べれば、その日のファッションに最適な色のTシャツを見つけやすく取り出しやすいでしょう。

・Tシャツを吊るして収納キャパの悩みを解消!
Tシャツをタンスや引き出しに入れない方法もあります。
ショップのように、Tシャツをハンガーにかけて並べておくだけでもOKです。わざわざたたむ必要がありませんし、着用したいTシャツを一目で確認できるのも嬉しいポイントです。

ただし、ハンガーを使う際は「ショップ風」を意識してください。生活感が滲み出てしまうとズボラなだけに見えてしまいます。
ハンガーを選ぶ際は色や素材を統一してみてはいかがでしょうか。一体感が生まれますのでショップのような雰囲気を手軽に出すことができます。

Tシャツを上手に収納する4つのテクニック

大量のTシャツを生理整頓せずにそのままにしていると、どこに何があるのか分からなくなってしまいますし、なにより衛生的にもよろしくないですよね。
ご紹介したTシャツの収納テクニックは誰でも手軽に実践できる方法です。ライフスタイルに合わせて上手にTシャツを収納してお部屋をキレイに保ちたいですね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。