オリTコラム

Tシャツの襟が伸びてよれよれに……元の姿に戻す方法とは?

Tシャツの襟が伸びてよれよれに……元の姿に戻す方法とは?

気に入っているTシャツは自然と着る回数が増えるため、襟が伸びてしまいがち。
「よれよれになった襟を何とか直したい!」とお悩みの方も多いことでしょう。
今回は、お気に入りのTシャツの襟を元に戻す方法をご紹介します。

Tシャツの襟がヨレる原因

Tシャツを着る回数が多くなると自然と洗濯の回数も増えます。
すると、洗濯機で洗う際や干したときの水分の重みでTシャツの襟が横に引っ張られることが多くなります。
その結果、生地の間にすき間ができ縦糸がうねってしまい、襟がヨレてしまうのです。

Tシャツの襟をキレイな状態にするには?

Tシャツの襟が伸びてよれよれに……元の姿に戻す方法とは?

Tシャツの襟をキレイにするには、よれた縦糸を戻すことが必要です。
おすすめなのがアイロンを使った方法。アイロン台とスチームアイロンがあれば簡単にできますよ。

<やり方>
1.アイロンに水を入れて「高」にセットし、温まるまで待ちます。
2.ヨレているTシャツの襟をつまみ、やさしく縦に引っ張ります。
3.スチームを出しながら、アイロンを縦方向に動かします。

たったこれだけで、ヨレていたTシャツの襟がキレイに戻るのです。なぜこのようなことが起こるのかというと、アイロンによって縦糸が真っ直ぐになり、生じていた無駄な空間がなくなったため。
ただし、この効果はあくまでも一時的なもの。1日程度は持ちますが、再び洗濯すると襟のヨレは元に戻ってしまいます。その時は、またアイロンをかけることで襟のヨレをキレイにすることができます。

Tシャツの襟がヨレないようにキレイに保つコツ

アイロンを使った方法は綿100%のTシャツには有効でしたが、Tシャツの素材によってはこの方法でも襟が戻らない場合もあります。そうならないためにも、毎日の洗濯や干し方に気をつけて襟のヨレを防止することが大切です。

洗濯する場合は洗濯ネットに入れる、手洗いコースで洗う、洗濯物を洗濯機に詰め込み過ぎないといった点がポイントです。というのも、洗濯する量が多ければ多いほど、服が絡まって引っ張られる恐れが高まるため。洗濯物は溜めすぎないようにして、衣類へのダメージを減らしましょう。

そしてTシャツを干すときも注意が必要です。
ハンガーを使うとTシャツの襟が横に伸びやすいので、逆さにして干すか、物干し竿にTシャツの袖を通して干したり、2つ折りにして干したりすると良いでしょう。
こういった干し方をすることで、襟の部分にかかる力を減らすことができます。

「Tシャツの襟がヨレてしまった……」と諦めるのではなく、まずはアイロンを使った方法を試してみてください。
これらの方法で、Tシャツのベストな状態を少しでも長くキープさせてみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。