オリジナルウェア

オリジナルTシャツの襟はどの形にする? Tシャツの襟の種類と特徴

オリジナルTシャツの襟はどの形にする? Tシャツの襟の種類と特徴

オリジナルTシャツを作ろうとしたとき、どのような襟の形のものを選んだら良いか悩んだことはありませんか?
Tシャツの襟にはさまざまな種類があり、体型によって似合う似合わないが分かれるものも多いのです。
今回は、オリジナルTシャツを作るうえで参考にしていただけるよう、襟の種類と特徴、似合う体型についてご紹介します。

丸首&UネックのオリジナルTシャツを選ぶ際は襟の開き具合をチェック

オリジナルTシャツの襟はどの形にする? Tシャツの襟の種類と特徴

オリジナルTシャツの襟が丸くなっているものを「丸首」、丸首よりも少し広く開いているものを「Uネック」といいます。さらに、丸首よりも首に沿うような形のものは「クルーネック」と呼ばれています。
ただ、これらには区別するための明確な基準がないため、お店によって「クルーネック」を「丸首」と表記していたり、「丸首」を「Uネック」と表記していたりすることも珍しくありません。
オリジナルTシャツを選ぶときは、どれくらい襟が開いているかをチェックするようにしましょう。

襟元が開けば開くほど、首周りをスッキリと見せることができます。
Uネックなら、肩幅が広かったりして上半身がガッチリしている方や、首が太かったり短めだったりする方が似合います。
反対に丸首は肩幅が狭く小顔の方が、クルーネックは首が長かったり細身だったりする方が似合います。

VネックのオリジナルTシャツでスッキリとした格好良さを

オリジナルTシャツに「Vネック」の襟を選べば、シンプルな格好良さを演出できます。
「Vネック」は顔をスッキリと見せてくれたり、首を長く見せてくれるという特徴があるので、丸顔の方や首が短めな方、胸板が厚い方やバストが大きい方が似合う傾向にあります。
なで肩の方や痩せている方の場合、胸元が深く開いているものを選ぶと似合わない恐れがあるので注意しましょう。

オリジナルTシャツでヘンリーネックを選べば男らしさをアピール

オリジナルTシャツを1枚でさらっと着たい男性は「ヘンリーネック」の襟のものがおすすめです。襟元のボタンが特徴的な「ヘンリーネック」をキレイに着こなすなら、ボタンを開ける際は第二ボタンまでに留めておくのがコツです。

ルーツは、労働者の作業着やレガッタ競技のユニホームなど諸説ありますが、どちらにしても男らしい体つきや無骨な感じの男性に似合うTシャツといえます。
さらに合わせるアイテムもダメージデニムやブーツ、存在感あるベルトなど男らしいものがおすすめです。

ボートネックのオリジナルTシャツは柔らかさをプラスできる

オリジナルTシャツの襟の部分が、ボートの底のようなカーブを描いているものが「ボートネック」です。格好良さよりも柔らかさや上品さを印象づけたい場合は、襟部分が緩やかな曲線となっているこちらのタイプの襟を選ぶと良いでしょう。
男性も女性も似合いますが、無地ものものが合わせやすくておすすめ。特に面長な方やなで肩の方、肩幅が狭い方が似合います。

オリジナルTシャツを選ぶ場合は、どのようなチームなのかどういったイメージを印象づけたいのかによって襟の形の選び方も変わってきます。
それぞれの襟の特徴を把握して、満足のゆくオリジナルTシャツに仕上げてください。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。