オリジナルグッズ

オリジナルタオルを作る際に知りたい「タオルの種類」

オリジナルタオルを作る際に知りたい「タオルの種類」

イベントやサークル・部活・記念品などにも人気のある「オリジナルタオル」。
Tシャツよりも手軽に使えるので取り入れやすく、お揃いで作ることで団結力や連帯感をアップさせてくれる嬉しいアイテムですよね。
そんなオリジナルタオルですが、作る際にはしっかりタオルのサイズや種類を知っておきたいもの。
今回はオリジナルタオルのサイズや種類について紹介していきます。

1.タオルハンカチ

小さいサイズの「タオルハンカチ」はその名の通りハンカチサイズのタオルで、サイズは約25cmくらいまでの正方形になっています。
小さいのでポケットにも入りやすく持ち運びに便利な上、タオルのような吸水性を持っているため色々なシーンで非常に重宝できますよね。お子さんのハンカチの代わりに持たせる方も多いようです。
ハンカチと違いアイロンをかけなくてもシワシワにならないので、女性はもちろん男性からの人気も高まっています。

2.ハンドタオル

タオルハンカチよりも少し大きな約35cm×35cmくらいまでのサイズのタオルは、「ハンドタオル」と呼ばれます。
手を拭いたり顔を拭いたりするのに丁度良いサイズで、小さなバッグに入りやすいのも嬉しいですね。
タオルハンカチでは少し心もとないという方や、タオルハンカチよりも大きくオリジナルデザインを入れたいという方にオススメです。

3.フェイスタオル

横が25〜35cmで縦が70〜100cmくらいのタオルは「フェイスタオル」に分類され、最も一般的によく使われるタオルになります。
顔を洗う際に使ったり、スポーツで汗をかいた時・水分をふき取る時など様々なシーンで使いますよね。
オリジナルタオルにするとサイズ感が良く、全員で広げて写真を撮ったりしても迫力がありオススメです。

4.タオルマフラー

「タオルマフラー」とは、横が約20cm・縦が約110cm程度のサイズのタオルのこと。
長さはスポーツタオルと同じくらいですが横幅は半分程度しかないため細長く、マフラーのように首に巻きつけやすくなっています。
巻きつけたままでも動きやすいので、運動系のサークルや部活動のオリジナルタオルにもオススメ。
コンサートのタオルグッズや、様々なオフィシャル商品としても、タオルマフラーはよく利用されています。

5.スポーツタオル

オリジナルタオルを作る際に知りたい「タオルの種類」

「スポーツタオル」はフェイスタオルよりもひと回り大きく、タオルマフラーよりも横幅が広いサイズのタオルのことを言います。
横が約35〜40cm・縦が約110〜115cmくらいの大きめサイズで吸水性も高いため、汗をたくさんかくスポーツに使いたい方にもオススメです。
バスタオルは持ち歩きたくないけどフェイスタオルやマフラータオルでは吸水力が足りないと感じる方も、スポーツタオルなら安心できますね。

6.バスタオル

「バスタオル」は、約60cm×約120cmくらいの最も大きなサイズのタオルです。
一般的にはお風呂上がりに体を拭くタオルとして使われたり、子供のタオルケットとして使われることもあります。
非常に大きいので、オリジナルタオルにすると大きな存在感を演出してくれます。
子供のプール教室などで、お揃いのバスタオルをオリジナルデザインにして制作しても楽しいですね。

普段何気なく使うことが多いタオルですが、実は様々なサイズや種類があるもの。
タオルの種類を知って、より理想に近く用途に合ったオリジナルタオルを作ってみてくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。