ローカル

登山に着ていく服装は? トレッキング時の「Tシャツ」選びのポイント

登山に着ていく服装は? トレッキング時の「Tシャツ」選びのポイント

登山は運動量が多く過酷な面もありますが、山頂に立った時の達成感や四季折々の景色を楽しめるなど素晴らしいメリットがたくさんあります。
しかし山の天気は変わりやすいもの。初心者はどのような格好をしていけば良いか分からないことも少なくありません。
登山に行く時には、肌に直接着る「ベースレイヤー(アンダーウェア)」・その上着る行動着「ミッドレイヤー(中間着)」・雨が降ったり寒い時に着る「アウターレイヤー」の3種類のレイヤーを重ね着し気温の変化に対応するのが一般的です。その中でも肌に直接触れているベースレイヤーの選び方はトレッキング時の服装でも特に大切。
今回は登山に行く際に気をつけたい「Tシャツ」の選び方について紹介していきます。

登山に綿のTシャツはNG! その理由は?

肌触りの良い綿のTシャツですが、綿には汗など水分の速乾性が低いため登山には絶対にNG。
綿のTシャツが汗に濡れると乾かず、体温がどんどん奪われてしまいます。また歩いている際にもTシャツがずっと濡れていると不快で、せっかくの登山を楽しむこともできないですよね。
秋などの少し涼しい季節の登山でも歩いているうちに暑くなり汗をかくことは多いため、登山に行く際のTシャツには速乾性の高いポリエステルなどの化繊素材のものを選択するようにしましょう。
冬などの寒い時期の登山には、速乾性と保温性の優れたウール素材のTシャツを選ぶのがオススメです。

予備用にTシャツを持って行くのがベター

登山にはフリースのジャケットやダウンジャケット・レインウェアなどを用意し、シチュエーションに合わせて着る枚数を調節するのが一般的です。
ただ、Tシャツの上にフリースのジャケットを羽織ると暑くなりすぎてしまうケースも少なくありません。そのため寒くなった時に重ね着できるよう、Tシャツをもう1枚用意しておくのがオススメ。
予備のTシャツがあれば寒い時にも対応できますし、雨や霧などでTシャツが濡れてしまった時にも安心です。行動中は暑くなりやすいので予備として半袖Tシャツを1枚ほど用意。山頂では風が冷たく体温が低下しやすいため、長袖Tシャツも1枚予備として用意していくとより良いでしょう。

登山に数日かかる場合は防臭効果の高いTシャツを

登山に着ていく服装は? トレッキング時の「Tシャツ」選びのポイント

日帰りの登山の際にはそれほど気にしなくても良いですが、登山に数日かかるような場合には防臭効果の高いTシャツを選ぶことも大切なポイント。
登山中は体を洗うことができず毎日汗をかくことになります。しかし荷物が重くなるため着替えも最小限しか持っていくことができないため、防臭効果の低いTシャツだと匂いがかなりキツくなってしまいます。特に布団や寝袋の中では匂いがこもるので、より良い睡眠のためにも防臭効果の高いTシャツを選ぶようにしましょう。
防臭効果を重視するなら、ポリエステルのものよりもウールのTシャツがオススメ。
特にメリノウール素材のTシャツは防臭性が非常に高いため、数日に渡る登山の際には用意しておくと安心です。

登山には様々な装備が必要ですが、肌に直接着るTシャツは体調やコンディションを左右する重要な要素のひとつと言えます。
登る山や季節・シチュエーションに合ったTシャツをしっかり準備して、安全・快適に登山を楽しんでくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。