オリジナルグッズ

意外と使える! 真似したいオリジナルワッペンの使い方4選

意外と使える! 真似したいオリジナルワッペンの使い方4選

見ているだけでも可愛く、思わず集めたくなってしまう「ワッペン」
最近はオリジナルのワッペンが作れるショップも多いですよね。チームのロゴでワッペンを作ったり、クラスTシャツとお揃いデザインでオリジナルワッペンを作るのも素敵ですが、オリジナルワッペンをファッションの中でどうやって活用するか悩んでしまう人も多いかもしれません。
今回はオリジナルワッペンをオシャレに使いこなす方法について紹介していきます。

Tシャツなどの胸や襟のワンポイントに

シンプルで今ひとつ個性のないTシャツやパーカーには、胸元や襟部分にワッペンを取り入れるのがオススメ。無地の服もワッペンをひとつ付けるだけで見違えるほど素敵になります。
襟や袖などの部分にワッペンを付ける場合には、少し小さめのものを選んでさり気なく使うと可愛いですね。
服の胸にワッペンを付ける場合は、なるべく大きめの物をしっかり付けて存在感を出すのがポイント。
仲間たちとオリジナルワッペンを作り、Tシャツのお揃いの場所に付けても可愛く仕上がりそうですね。

トートなど布製バックのアクセントに

ワッペンは糸やアイロンで簡単に付けることができるため、布製のバッグも手軽に可愛くリメイクできます。
いつも使っている大きめのトートバッグや巾着・小物入れなどにワッペンを付け、より個性的でオシャレなバッグにしてあげると良いですね。
バッグにはワッペンをひとつだけ配置しても良いですし、たくさんのワッペンを使って賑やかなデザインバッグにしても素敵です。

スニーカーに使っても可愛い!

また意外と盲点かもしれませんが、ワッペンはスニーカーの布部分にも付けることができます。
特にハイカットのスニーカーなら比較的大きめのワッペンを使えるので、より存在感のある素敵なスニーカーをメイクすることができますね。
ローカットのスニーカーには、小さ目のワッペンをたくさん付けてみるのもオススメ。
シンプルなスニーカーでもワッペンを付けるだけで、オリジナリティあふれる素敵なアイテムに早変わりします。

服の汚れや破れたズボンをワッペンでリメイク

意外と使える! 真似したいオリジナルワッペンの使い方4選

破れたズボンやどうしても取れない汚れ部分を、ワッペンを使ってリメイクするのもひとつの手。
ワッペンが汚れや破れを隠してくれますし、ワッペンを貼ることで古くなった服やズボンもオシャレに生まれ変わることができます。
汚れや破れた部分だけにワッペンを使うと不自然になってしまう場合は、複数のワッペンを全体的に配置してリメイクを行っていくと良いでしょう。

着古した洋服でも、貼るだけで簡単にリメイクが完成してしまう「ワッペン」は、使いこなすことができれば非常に便利で役に立ちます。
あなたもオリジナルのワッペンを作って、素敵なリメイクをたくさん試してみてくださいね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。