オリジナルグッズ

企業のノベルティグッズは「もらって嬉しいもの」を!

企業のノベルティグッズは「もらって嬉しいもの」を!

企業が自分の会社をアピールするために配るものを「ノベルティグッズ」といいます。これを上手く利用することで販促につなげることができ、ある企業ではノベルティグッズを配布することで170%以上、名刺獲得数が増えたというデータもあるほどです。
つまりノベルティグッズを活用することで企業の売り上げを上げることにもつながるのですが、どういったものを作っていけばいいのでしょうか。今回はノベルティグッズについて説明していきながら「もらって嬉しい」と思ってもらえるノベルティグッズを紹介していきます。

ノベルティグッズに求められているものは「使える」もの

あるデータで「ノベルティグッズを貰うならどのようなものが好まれるのか」を調べた際に、約6割以上のユーザーが「実用的なもの」と回答しました。つまり「可愛いもの」「おしゃれなデザイン」というよりも、「使える」と感じてもらえるアイテムをノベルティグッズとして活用することが重要なのです。それでは「使えるノベルティグッズ」とは具体的にどういったものなのでしょうか。

●ボールペン
ほとんどの方が仕事で活用できるボールペンは、ノベルティグッズの中でもピカイチの人気を誇ります。毎日使っているボールペンの予備としてストックすることもできますし、「あって損はない」アイテムの1つと言えるでしょう。

●カレンダー
業務関係のちょっとした内容を書き込むことができる点でカレンダーも評価を集めています。特に机にちょこんと置いておくことができる卓上カレンダーは使いやすく人気のノベルティグッズの1つとなっています。

●ウェットティッシュ
ノベルティグッズの1つとしてティッシュを配っている企業は多いですが、その中でウェットティッシュを配ることで「おっ」と思ってもらえるのではないでしょうか。実際仕事で手が汚れることは決して少なくありませんし、ランチ前にも使うことができるため意外と使い道がある点がポイントです。

ノベルティグッズを作るときに気をつけること

企業のノベルティグッズは「もらって嬉しいもの」を!

売り上げにつながるノベルティグッズを作るためには「顧客層はどこか」を確認しておく必要があります。例えば主婦などをターゲットとしているBtoC企業の場合、ボールペンを配布するよりは、家庭に役立つキッチン用品などを用意しておく方が効果的でしょう。その一方でBtoB企業であればボールペンの使用は必須なので、文房具関係のものを取り入れてみると効果が出る可能性が高まります。
今回紹介したようなノベルティグッズを、ターゲット層を見据えて用意し、販促につなげるよう意識してみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。