トレンド

非常用持ち出し袋の中身は? どんなバッグが良いの?

非常用持ち出し袋の中身は? どんなバッグが良いの?

地震や火災などの災害は予期せぬときにやってくるもの。いつやってくるかわからない災害に備え、普段から非常用持ち出し袋を用意し、避難後に必要なものを揃えておくことが大切です。
とはいえ、非常用持ち出し袋に何を入れたらいいかわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、非常用持ち出し袋の中身についてご紹介いたします。

災害に備えて。非常用持ち出し袋の中身をチェック!

非常用持ち出し袋の中身は? どんなバッグが良いの?

・乾電池式のモバイルバッテリー

災害時には、家族がバラバラに避難するというケースが良く見られます。
バラバラになってしまった家族と連絡を取るためにはスマホや携帯が必要になりますが、災害時には電気がストップする可能性があるため、バッテリーがなくなることが想定できます。
そんなときに便利なのが、乾電池式のモバイルバッテリーです。
充電式のモバイルバッテリーと違い、乾電池式のモバイルバッテリーなら乾電池を準備しておくだけですぐに使用できます。
スマホや携帯のバッテリーが回復すれば通話ができる上に、インターネットに接続できるようになるためニュースなどで情報入手も行いやすくなります。

・携帯トイレとティッシュペーパー

避難所によってはトイレが準備されていなかったり、仮設トイレがあっても数が限られていたりします。さらに、地震の場合だと排水管が壊れている可能性があるため、トイレがあっても水を流せないケースがあります。
そのため、非常用持ち出し袋には携帯トイレとティッシュペーパーを入れたいところです。
ティッシュペーパーは芯を抜いておくとコンパクトになります。

・防寒グッズ

冬に災害が起きると寒さに悩まされることがあります。
そのため使い捨てカイロや手袋、アルミの保温シートなどの防寒グッズを入れておくと便利です。
夜の就寝時のことを考えると、寝袋やブランケット、レジャーシートなども活躍してくれます。

・ミネラルウォーターと食料

災害により水道がストップすると飲料水の確保が難しくなるため、ミネラルウォーターも必ず用意しておきましょう。1日に1リットルを飲むとして、最低でも3日分は用意したいところです。
また、水と同様に大切なのが食料です。災害時には、近くのコンビニに行っても売り切れというケースが良く見られます。乾パンや缶詰、チョコレートなど調理しなくてもすぐに食べられる食料を準備しておいてください。

・着替えと雨具

雨が降っているときに災害にあうと身体が濡れて冷えを招き、体調悪化につながる可能性があります。避難中の健康を守るためにも、着替えと雨具も用意したいところです。
登山用のレインウェアは高価ですが、コンパクトサイズにまとまりやすいためおすすめです。

・小銭とキャッシュカードと銀行口座番号

避難先でもお金が必要になることがあるため、小銭も入れておきたいところです。
ATMが使える状況であればキャッシュカードで引き出せるため、小銭とあわせて持っておくと安心です。
また、身分証明書や銀行口座番号のメモも入れておくと良いでしょう。

・医薬薬

災害時や避難中では、病気や怪我の治療が受けられないことがあります。
風邪薬や胃腸薬などの医薬品の他、消毒液や包帯、マスク、タオル、ハサミなども入れておくようにしましょう。

非常用持ち出し袋は中身がたくさんになるため、全てが収まるバッグを選びたいところです。
避難用持ち出し袋といえば、大きく丈夫な登山用リュックなどをイメージする方もいると思いますが、普段から使い慣れていない方にはかえって扱いづらく感じることがあります。

軽くてたくさんのアイテムを入れることができるトートバッグなどのほうが避難しやすいでしょう。
しかし、薄い生地でできたトートバックは破けてしまうこともあり、中身をばらまいてしまう可能性があるため丈夫な生地のトートバッグを選ぶのがポイントです。中身はもちろんバッグにもこだわって、予期せぬ災害に備えましょう。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。