トレンド

周りと一歩差をつける「バンダナ」を使ったヘアアレンジ3選

周りと一歩差をつける「バンダナ」を使ったヘアアレンジ3選

ヘアアレンジのマンネリ化にお悩みの方は、バンダナを取り入れて雰囲気をガラリと変えるのがおすすめです。バンダナを使うことで、ヘアアレンジがワンランクアップしますよ。
バンダナを使った定番スタイルから、編み込みまで幅広いヘアアレンジ方法を3つご紹介します。

いつものポニーテールがバンダナで華やかなヘアアレンジに変身!

周りと一歩差をつける「バンダナ」を使ったヘアアレンジ3選

髪を一か所にまとめるだけのポニーテールは、簡単に可愛く見せることができるため女性に人気のヘアアレンジのひとつ。ただし、シンプルコーデのときは物足りなさを感じるときもあるでしょう。
そんなときは、ポニーテールにバンダナをプラスするのがおすすめ。

ワンポイントとして華やかなデザインのバンダナを選び、カチューシャのようにリボンを大きく見せて結べば一気にオシャレな装いになります。バンダナの結び目を首の後ろに持ってきて髪と一緒に流せば、大人の落ち着いた雰囲気が出せるでしょう。
ポニーテールを作っているゴムの上から、緩めにバンダナを巻き付ければボリューム感がアップして可愛いですよ。

バンダナを編み込んだオシャレなヘアアレンジにトライ!

ミディアムヘアやロングヘアの方にぜひ試していただきたいのが、バンダナを髪に編み込んだヘアスタイルです。難しそうに見えるかもしれませんが、意外と簡単にできます。

簡単なバンダナの編み込みヘアアレンジ

1. 毛束を3つに分けます。
2. 真ん中の束に、バンダナを結びつけます。
3. 結び目が内側に向くように回してください。
4. バンダナも一緒に三つ編みをして完成です。

大人らしい可愛らしさを演出したいときはトップスと同系色のバンダナを選んだり、白シャツやチノパンにキレイめ、もしくは明るい色のバンダナを合わせたりしてみてください。

ヘアアレンジがしにくいショートヘアこそバンダナを!

ヘアアレンジのバリエーションが少なくなりがちなショートヘアの方こそ、バンダナを取り入れてみてはいかがでしょうか。

シックな装いを楽しみたい場合は、バンダナをターバンのように幅広く使って髪を包み込むのがおすすめ。後ろから巻き付けて、おでこより高い位置で2回結びましょう。余った部分はバンダナに織り込んでください。

ガーリーな印象にしたい場合は、前髪を重めにして残りの髪を緩く巻きましょう。そして、バンダナを細めにしてカチューシャのように巻き、トップ部分でリボン結びをすれば完成です。

他には、前髪をバンダナで上げてスッキリと見せる方法もあります。
サイドの毛先もバンダナにしまい込むとまとまり感が出ますし、ふんわりと少しだけ毛束を出すとこなれ感を演出できます。

バンダナは髪の長さに関係なく、ヘアアレンジに役立ってくれる優秀なアイテムです。
イメージを変えたいとき、ファッションにアクセントが欲しいときなどにバンダナを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。