イベント

お祭りで着る「ハッピ」の由来って何?

お祭りで着る「ハッピ」の由来って何?

お祭りで着るものの定番といえば、お揃いのハッピがあります。漢字で書くと「法被」ですが、どうしてこのような名前になったのでしょうか? またいつごろからお祭りで着られるようになったのでしょうか?
今回はハッピの由来や歴史についてご紹介します。

ハッピという名前はどこから? 名前の由来

お祭りの時に、スタッフやお祭りに参加する人たちがお揃いで着ていることが多い「ハッピ」。
消防団では正式な制服でもあるハッピは、漢字で書くと法被または半被とも書きます。
名前の由来は平安時代以降、皇族や公家の正装となった束帯を着る際の下着「半臂(はんぴ)」がもとになっているといわれています。
現在のハッピが一般的な和服に比べ簡素な作りをしていることから、下着に近いはおりものとしての半臂がハッピという言葉に転じたと推測されます。なお、高僧が座る椅子の背もたれにかけられる布も法被(ハッピ)といいますが、衣服とはつながりがないので、こちらは単なる当て字のようです。

ハッピの歴史はいつから?

ハッピが平安時代の下着にルーツを持つ衣服ですが、いつごろから庶民が着用するようになったのでしょうか?
現在のハッピは江戸時代、羽織を簡略化した「法被」と、職人や商人がユニフォーム代わりに着ていた屋号や店名、家紋などの印が入った「印半纏」がもとになっています。家紋や屋号が入った服を着るということは、現代で言うと社名が入った制服や社章をつけているようなもので、信頼の証明でした。
法被も印半纏も似たような衣服であること、ユニフォームとして使われていたものであることから、江戸時代後期には区別がつかなくなり、明治から昭和初期まで着用されていました。

お祭りでハッピを着るようになったのは昭和になってから

お祭りで着る「ハッピ」の由来って何?

ハッピは長くユニフォームとして使われてきましたが、昭和も半ばを過ぎると洋服が浸透してきたこともあり、ユニフォームとしてハッピが着用されることは少なくなってきました。しかし昭和45年、大阪万博でイベント用にハッピが用いられたことからイベントでハッピを用いる図式が定着。また昭和40年代は高度成長期ということもあり、日本各地で伝統的なお祭りの人気が復活していきます。それに合わせてハッピも着用されるようになり、今日の「ハッピはお祭り・イベントで着用するもの」という図式が出来上がりました。
今ではお祭りだけでなく、企業やお店のイベントなどでも着用されるようになっています。

ハッピは正装の下着にルーツを持ち、江戸時代には制服やユニフォームとしての役割を持った衣装でした。現在のお祭り時に着用するもの、というスタイルが定着したのは昭和40年代以降なので、実はこの50年ほどのことだったのです。

お祭りの定番であるハッピには、意外と知られていないルーツがあります。
もちろん知らなくてもハッピをきてお祭りを楽しむことができますが、一つの雑学として覚えておいても良いかもしれませんね。

オリジナルTシャツ・グッズ制作で お困りの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツのユニフォームにする場合は、どのTシャツがオススメ?
  • デザインはどうやって作ったらいい?作ってもらえるの?
  • イベントまで日程がないけど大丈夫?
  • 会社のイベントでTシャツを作るけど、初めてだから不安

もしも、オリジナルTシャツ・グッズについてお悩みのことがあれば
どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。