INTERVIEW和娘。《なごむすめ》の関係者全員がこのTシャツを着て、チーム感を出せたらいいな

和洋女子大学アイドルコピーダンスサークル 和娘。《なごむすめ》の皆さま | 2019.6.7

  • Twitter
  • Facebook

6月7日、市川市のキャンパスで取材をさせていただいたのは、和洋女子大学アイドルコピーダンスサークル・和娘。《なごむすめ》の皆さま。ユニドル関東予選を目前に控えた和娘。様に密着取材しました!

現在の最上級生が和娘。の1期生!

--和娘。様の歴史について教えてください。創立から何年くらいですか?

-4年目になりました。いまの4年生が1期です。現在部員は20人で、そのうちパフォーマーが14人くらいです。その中で3人しかダンス経験者はいなくて、あとは全員未経験者です。

--みなさんの入部の動機は?

-私は、デザイン担当のひなPさんが中学・高校の先輩で、誘われて大会に行ったのがきっかけです。その時は「私には無縁の世界だな」って思ったんですけど、大学に入学して特に入りたいサークルもなくて…「大好きなひなPさんと一緒にいられて毎日かわいい人が見られるし!」という不純な理由で入りました(笑)
-私はアイドルやダンスが好きだったので、このサークルを立ち上げるぞ!って発起人の今知香子さんが言った時に、「よっしゃ!やったるぜ~!」って感じで乗っかりました。

『市川の街を盛り上げる、和洋女子大学を有名にする』が使命

--普段はどのような活動を行っていますか?

-普段はユニドルの大会で上位入賞を目指して練習しています。他にも、『市川の街を盛り上げる、和洋女子大学を有名にする』というのがサークル発足の理由の1つなので、市川市からのお祭りの出演依頼や大学のイベントはできるだけ断らずに出るようにしています。

和娘。は和洋女子大学生だけのチーム。だからこその強さを見せたい。

--目標としているチームはありますか?

-どこのチームも尊敬していますが、上智大学のSPH mellmuseさんと東洋大学のTomboys☆さんは常に上位にいる強さがあるので、私たちもそうなれたらいいなと思っています。
-中にはインカレサークルのチームもあるんですけど、私たちは全員が和洋女子大学生なので、その中でも強いチームになれたらいいなと思います。

「やる気・元気・根気」ただその3点があれば

--入部にはオーディション選考などがあるのでしょうか?

-一切なくて、「やる気・元気・根気」の3点があれば誰でもOKです。入部前の説明会の時に、かなりキツイとか、お金がかかるとか、先輩たちが体育会系っていう現実を全て伝えているので「私には無理です」と言ってそこで辞退する子もいます。説明会の時点で、ついて来れる覚悟がある子だけが入部するという感じです。

--和娘。さんの強みとは何でしょうか?

-メンバーの仲の良さです! 自分が出ない大会の時も、絶対みんな1回は練習に来てくれて、大会当日は、お金を払ってお客さんとして駆けつけてくれます。自分が出ない大会でも、チームの一員として誰よりも味方でいてくれて、応援してくれるメンバーの「チーム力」では他のチームには負けません

--仲良しエピソードを教えてください!

-前回の冬のユニドルの大会は、出れる人が少なくて3人で出たんですけど、その時は3人以外の全員が完全応援体制でした。大会では敗者復活戦に臨むことになったんですが、「和娘。は3人しかいないし無理なんじゃない?」と言われていた中で、1位で勝ち上がったんですよ。結果が発表された時はみんなで叫んで抱き合って泣いてました。
-とにかくサポート体制がすごいです。私たちがステージに出たときに、先輩が知らないうちにサイリウムを買って配ってくれていて、観客席を見たら一面水色(=チームカラー)になっていて、すごく感動しました!
-1個1個手書きでメッセージまで書いていて。出れない分まで応援するっていう環境は、1期の先輩から代々引き継がれて、後輩もそれを感じ取ってくれています
-自分が出ないのに全員分の衣装を作ってくださった先輩もいます。

--決めポーズ・決め台詞を教えてください!

-決めポーズは、右手をマルにして、「和娘。」の「。(マル)」を頬に。これが「和娘。ポーズ」!
決め台詞は「なごなごしようぜ」で、Tシャツの背中にも入れました!「#なごなごしようぜ」っていうハッシュタグをtwitterで乱用しています。

「なごの色」で和娘。っぽいTシャツができてすごくよかった

--今回作成したTシャツはいかがでしょうか?

-もう、理想どおり、要望どおりというか、私たちが求めていたものって感じです!
-「ちょっとガチャガチャした水色推しのTシャツが欲しい」って話になって今回作らせてもらいました。水色の色味も理想どおりの「なごの色」で和娘。っぽいTシャツができてすごくよかったです。
-クラスTシャツみたいにしようということになったので、「ウチら」「ズッ友」「YEAH!」みたいな(?)感じを出したくて、ひとりひとりが自分の顔を手描きで描きました。自画像って言ったのに全然人間っぽくないやつもあるんですけど(笑)

--これからTシャツをどういう時に着たいですか?

-このTシャツを作っていただいたおかげで、裏方さんや顧問も合わせて全員でTシャツを揃えることができたので、今後、単独公演をもしやるとしたら、そういうときに着たいです。あと学園祭とかでも、和娘。の関係者全員がこのTシャツを着て、チーム感を出せたらいいなと思います。

--ラブラボでTシャツを作ってみていかがでしたか?

-とにかく対応がすごく早くて、スケジュールもわかりやすく決めていただいたので、進めやすかったです。期限も、しっかりと余裕をもって「この日までにお願いします」って言っていただいたので、こちらとしても練習や授業との調整がしやすくてありがたかったです。
-デザインは結構細かいことを言ってしまったんですけど、要望どおりだったので、柔軟な対応がすごいなと思いました。

--今後、ほかに揃えて作ってみたいアイテムはありますか?

-いろいろあるんですけど…あ、パーカー!(一同、大賛成)
-練習着を全身コンプリートしたいよね。
-パーカーも作りたいしジャージも作りたいし、ウィンドブレーカーみたいなのも!もうなんでもいい!おそろいしたい!(爆発)
-あ、サイリウム!サイリウム作りたい!(このあと数分大騒ぎ)

--今後の意気込みをどうぞ!

-8月にユニドルの決勝があるんですが、前回の3位は「運」とか言われたんですよ、私たち。敗者復活で勝ち上がったのは実力って言っていただけるんですけど、全国3位は「勢い」とか「流れ」とか言われてしまって…。次はちゃんと、自他ともに認める実力で3位以内を勝ち取りたいです。

和洋女子大学 和娘。は8月27日(火)に東京都・STUDIO COASTで行われるUNIDOL 2019 Summer敗者復活戦に出場します!予選の結果発表では悔しさを堪えて、決勝進出チームに笑顔で拍手を贈る姿がファンを惹きつけました。パフォーマンス中だけでなく、24時間365日神対応な彼女たちを一緒に応援しましょう!

  1. Interview/Writing/Photo:前川
【取材協力】和洋女子大学アイドルコピーダンスサークル 和娘。の皆さま
・twitter:https://twitter.com/nago_musume

ショップや会社のユニフォームに。
世界に一つのオリジナルTシャツをつくろう。

オリジナルTシャツ 1着 720円(税込)~

今すぐオリジナルTシャツをつくる!

話題の記事