INTERVIEWお客様に感動を。被災地に笑顔を。

青森中央高等学校 演劇部の皆さま | 2019.9

  • Twitter
  • Facebook

今回、インタビューをさせていただいたのは青森中央高等学校 演劇部の皆さま。2012年の総文祭で最優秀賞を受賞した『もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』(通称:『もしイタ』)は、何代にも渡って演じ続けられている、高校演劇界・話題の名作です。
お客様を思わず引き込み、そして笑顔にさせる。高校屈指の強豪演劇部の皆さまにお話をお伺いしました。

最初は初心者からのスタート。入部のきっかけも、様々。

--まず、青森中央高校演劇部様について教えてください!

-現在、1~3年生の27名で活動をしています。20年以上続いている部活です。

--みなさんの入部の理由を教えてください。

-私は幼稚園の時からバレエを始めたのですが、表現をするということがとても楽しかったので、まだやったことのない演劇をやりたいと思って入部しました。
-兄が演劇をやっていたからです。生き生きと活動している兄を見て、自然と自分も演劇がしたいと思うようになりました。

--どのような活動を行っていますか?どんなイベントがありますか?

-文化祭で公演を行ったり、被災地での公演を行ったりしています。初めは緊張してしまう部員が多いですが、たくさん公演をさせていただいているので、だんだんと舞台慣れしていきます。

集中できる環境を自分たちで作りだす

--普段の練習メニューは?

-普段の練習では、稽古の前にウォークという動きをやっています。1~10の指定された速さで綺麗な姿勢を保ちつつ、目を動かさずにソフトフォーカスを意識しながら歩く練習です。そこから腹筋や発声などの基礎練習をやってから、その時期にやっている演目の稽古をしています。
稽古中は、全員がその場で気づいたことをすぐに言い合うことを意識しています。気がついたことをそのままにせずにすぐ周りと共有することで、よりその後の演技に集中できるようになります。

--1日に何時間くらい/週に何日くらい活動をされていますか?

-月曜から金曜は授業が終わったあと16時から19時頃まで練習をしています。基本的に土日はお休みです。限られた時間の中で、全員が集中して練習に取り組んでいます。

--どのように学業と両立していますか?

-勉強がおろそかになって部活に支障が出ることがないように、部内でテストの際の赤点ルールを決めたり、部員同士で分からないところを教えあったりしています。

表情や動きで、見ている人を楽しませたり感動させたりできる

--目標とする人やライバル視しているチームはありますか?

-部員全員がライバルでもあり、目標でもあります。特に同学年の部員には負けたくないという思いが強いです。

--部活内ではどのような役割分担がありますか?

-演劇には裏方も必要なので、演者だけでなく、音響や照明、小道具なども全員で分担して行っています。

--ずばり、演劇の魅力とは何でしょうか?

-見ている方もやっている方も、両方が楽しめることです。
-演者の表情や動きで、お客様を感動させることができることだと思います。

部員数の多さが、演劇の幅の広さにも繋がる

--これまでの部活動で最も心に残っていることは?

-最後の公演の幕が降りた瞬間の先輩方の清々しいほどの笑顔です。終わって寂しいとか悲しいとかいう感じではなく、本当に後悔なく演じられたんだなと思い、自分もこんな終わり方ができるようになりたいなと思いました。
-宮城県での被災地公演です。実際に震災があった土地での公演は何回かやらせていただいていたのですが、まだ復興途中でたくさんの方が亡くなった小学校や防波堤の近くを生で拝見してから公演したのは初めてでした。石が積まれていたり、花壇が綺麗に整えられていたり、所々に立てられた解説の看板の内容を読んだときとても心が締め付けられる感覚がありました。
-私も、被災地での公演が心に残っています。今までよりも1つ1つの動き、言葉を考えて丁寧に演じることのできた公演だったため、印象に残っています。

--他のチームには負けないPRポイントがあれば教えてください!

-他校に比べて部員数が多いので、アンサンブル(演劇用語:「その他大勢」を意味する)などで演技の幅が広いことです!

着た時に、団結力が高まるようなTシャツを

--Tシャツを着てみた感想

-演劇部という文字が入っているTシャツを着れてとても嬉しいです。
-学年ごとに色が違うので、部活の時に使っていてわかりやすいなと思いました。とても着心地がよかったです!

--これからどういう時にTシャツを着たいですか?

-県大会や公演があるので、その日に着用したいと思っています。

--今回のTシャツのデザインは誰が考えられましたか?

-フォントは私が決めましたが、Tシャツのカラーは各学年で話し合って決めました。

--デザインでこだわったところは?どういうメッセージが込められていますか?

-シンプルなデザインで作ろうと思っていました。学校名と部活名が入っているTシャツだと着た時に団結力が強まるかなと思い、シンプルですが迫力のある文字を配置しました。

今までもこれからも、感動してもらえる演技を

--これからの活動について、意気込みや目標を教えてください。

-県大会を精一杯やりきります。そして次への切符を確実に掴めるようにしたいです。
-県大会とともに今年はあと2回公演があります。感動してもらえるような演技をしたいと思っています。

--宣伝や告知があればどうぞ!

-10月に弘前で県大会があります。また、造道中学校、横内中学校でも『もしイタ』の公演を行います。お近くの方はぜひ一度私たちの舞台を見にきて下さい!

青森中央高等学校演劇部の皆さん、インタビューのご協力ありがとうございました!
お客様を楽しませたい、自分たちも楽しみたいというモチベーションだけでなく、お客様を楽しませなければならない、自分たちも楽しまなければならないという秘めた使命感も感じることができたインタビューでした(^^)今後もご活躍を応援しています!

  1. Interview/Writing:前川
    Photo:青森中央高校演劇部様ご提供
【取材協力】青森中央高等学校 演劇部の皆さま

ショップや会社のユニフォームに。
世界に一つのオリジナルTシャツをつくろう。

オリジナルTシャツ 1着 720円(税込)~

今すぐオリジナルTシャツをつくる!

話題の記事