デザインについて design

プリント方法

プリントの種類と特徴・長所・注意点・プリントできない素材・製作例等を掲載しております。
各画像をクリックすると詳細を見ることができます。

インクジェット

生地に直接プリントし、製版不要のプリント方法です!

インクジェット

どんなプリント?

専用インクジェット・プリンターで生地にインクを吹き付けてプリントする方法です。

特徴

製版代不要で、柔らかくなめらかな仕上がりになります。
フルカラー対応なので、写真等のグラデーション表現に最適!
白生地には総柄(全面プリント)も可能です。

注意点

綿100%素材のみプリント可能です。
濃色生地へのプリントは下地の色に影響され、シルクプリントより発色が劣ります。
また、PANTONEやDIC等の色指定や金・銀、蛍光色でのプリントはできません。

プリント不可

化学繊維の素材にはプリントすることができません。
※化学繊維はインクをはじくため、インクが定着しません。

インクジェットについてさらに詳しく

PAGE TOP

刺繍・カッティング

個人別に番号や名前を入れることができる方法です。

刺繍

どんな方法?

種々の糸を用い、布地の表面にデザインを縫って表現する方法です。

特徴

独特の立体感と高級感があります。
耐久性も高く、ユニフォームやタオルにもぴったり!
個人名刺繍なら価格もお手頃です。

注意点

ロゴやイラストの大きさにより金額が大きく異なります。
また、細かい柄やデザインは刺繍が難しい場合もあります。

刺繍についてさらに詳しく

PAGE TOP

カッティング

どんな方法?

つやのあるシートを用い、文字や数字を熱圧着させる方法です。

特徴

シートにつやがあるため、シルクプリントのインクとも違和感なくマッチします。
シートカラーは一人ずつバラバラでもOK!
普通色以外にも柄入りやラメのシートもあるので、お好みに合わせて選べます。

注意点

ポリエステル素材のドライ系商品は生地色やシートカラーの組み合わせにより昇華*することがあります。
また、圧着跡がうっすらと残ってしまいます。

カッティングについてさらに詳しく

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。

PAGE TOP