デザインについて design

プリント方法

プリントの種類と特徴・長所・注意点・プリントできない素材・製作例等を掲載しております。
各画像をクリックすると詳細を見ることができます。

シルクプリント

ラブ・ラボが最も得意とし、お客様人気もNo.1!版を作成してインクでプリントする方法です。

シルクプリント普通色(アメリカンラバー)

どんなプリント?

Tシャツプリントの代名詞!
1色ごとに版を作成して、生地に直接インクを刷りこむプリント方法です。

特徴

Tシャツの本場、アメリカでよく使用されるインクでゴム系の質感があります。
光沢があり、細密な表現も可能!
ブルゾン等のナイロン素材にもプリントすることができます。

プリント不可

ポリエステル素材のドライ系商品にはあまり適していません。
※1回刷るごとに熱乾燥させるため、生地が縮んだり、昇華*することがあります。

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。

PAGE TOP

シルクプリント普通色(水性ラバー)

どんなプリント?

アメリカンラバーと同じように1色ごとに版を作成して、生地に直接インクを刷りこむプリント方法です。

特徴

アメリカンラバーと比べると柔らかい風合いが特徴のインクです。
プリント後は自然乾燥させるため、特にドライ系商品へのプリントに適しています。
またEU圏や日本でTシャツ用として使用率が高まっているインクです。

プリント不可

ピステやブルゾンへのプリントにはプリントできません。
※インクの性質上、インクが生地に定着しません。

PAGE TOP

シルクプリントターニッシュ(金・銀)

どんなプリント?

初めから細かいラメを混ぜ込んであるインクを使用してプリントする方法です。

特徴

控えめなキラキラで上品な印象に仕上がります!
オプション料金も1ヵ所1色につき普通色+30円(税抜)と、お手軽にワンランク上のデザインにすることが可能です。

注意点

ラメの粒子があるため、細かい柄の表現にはあまり適していません。

PAGE TOP

シルクプリント発泡

どんなプリント?

プリント部分が丸く膨らむプリント方法です。
独特の立体感が出るため、ポップなロゴやイラストにおすすめです。

特徴

ふわふわとした独特の手触りで見た目以外も楽しめるプリント方法です。
かわいい雰囲気に仕上がるため、特に女性に人気!
オプション料金は1ヵ所1色につき普通色+50円(税抜)なので、価格もお手頃です。

注意点

インクが膨らむため細かい表現には向かず、発色が薄い仕上がりになります。

プリント不可

ブルゾンにはプリントすることができません。
※発泡インクは普通色に比べ洗濯堅牢度*に劣り、またブルゾン自体がインクの定着がしにくい素材のため、プリントが剥がれる可能性が非常に高くなります。

洗濯堅牢度*…染色されたものが洗濯によって受ける「変退色」、他の洗濯物への色移りなどの「汚染」の程度を表すものです。

PAGE TOP

シルクプリント蛍光

どんなプリント?

インパクトのある蛍光インクを用いてプリントする方法です。

特徴

ビビットなネオンカラーで注目度UP間違いなし!
1ヵ所1色につき普通色+50円(税抜)でプリントすることができます。

プリント不可

ポリエステル100%商品やブルゾンにはプリントすることができません。
※昇華*が起きる可能性が高くなります。

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。

PAGE TOP

シルクプリントグリッター

どんなプリント?

ベース(普通色)の上から粗いラメをトッピングするプリント方法です。
ここではグリッターと表記していますが、ラメという場合もあります。

特徴

ターニッシュよりカラーバリエーション豊富なので、さらにオリジナル度の高い商品が作成可能!
ラメの粒子が粗いのでキラキラ度も高め!
デザインを目立たせたい人にぜひおすすめしたいインクです。

注意点

1色プリントでもベース版とグリッター版の2版必要となります。
その分プリント代が普通色より割高となってしまいます。
また、ラメの粒子が粗いため、細かい点や線の表現にはあまり適していません。

PAGE TOP

シルクプリントスウェード

どんなプリント?

革のスウェードのような質感を表現するプリント方法です。

特徴

マットな仕上がりで高級感+暖かみのある表現にもってこい!
対応カラーは次の9色になります。
(ホワイト、グレー、ゴールデンイエロー、スカーレットレッド、ネイビー、クロムグリーン、ダークブラウン、ベージュ、ブラック)

注意点

仕上がりが少し盛り上がるため、細かい線や点の表現にはあまり適していません。

プリント不可

ブルゾンにはプリントすることができません。
※スウェードインクは普通色に比べ洗濯堅牢度*に劣り、またブルゾン自体がインクの定着がしにくい素材のため、プリントが剥がれる可能性が非常に高くなります。

洗濯堅牢度*…染色されたものが洗濯によって受ける「変退色」、他の洗濯物への色移りなどの「汚染」の程度を表すものです。

PAGE TOP

シルクプリントフロッキー(植毛)

どんなプリント?

フロッキーシートと呼ばれる毛羽立ったシートを使用し、ビロードのような手触りに仕上がるプリント方法です。
植毛とも呼ばれています。

特徴

つやはなく、立体感のあるマットな仕上がりになります。
一見するとフェルトのようにも見えます。

注意点

摩擦に弱く、細かいデザインには不向きです。
また、普通色との組み合わせは配色やデザインによってプリントが難しい場合があります。
普通色部分にフロッキーの毛が付着したり、昇華*することもあります。

プリント不可

ブルゾンにはプリントすることができません。
※植毛は普通色に比べ洗濯堅牢度*に劣り、またブルゾン自体がインクの定着がしにくい素材のため、プリントが剥がれる可能性が非常に高くなります。

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。
洗濯堅牢度*…染色されたものが洗濯によって受ける「変退色」、他の洗濯物への色移りなどの「汚染」の程度を表すものです。

PAGE TOP

シルクプリント蓄光

どんなプリント?

太陽や蛍光灯の光を吸収し、暗い場所で発光するインクを使用したプリント方法です。

特徴

クラブなど暗いところでの存在感はダントツ!
暗い場所でしばらく経つと発光は少々落ち着きますが、ぼんやりと光り続けます。

注意点

カラーはグリーンベージュ1色のみとなります。
プリント代は少々お高め。
※透明性の高いインクのため、白生地以外には別途ベース版代:7,000円(税抜)が必要となります。

PAGE TOP

シルクプリント箔押し

どんなプリント?

生地に金や銀等の箔シートを直接熱圧着するプリント方法です。

特徴

プリント面が滑らかであるため、高級感ある仕上がりになります。
金箔・銀箔以外にも、赤・青・緑・ピンクの箔があります。
インクでのプリントにはない鮮やかな輝きで、金属のような光沢のあるTシャツが作れます。

注意点

カ摩擦に弱く、細かいデザインには不向きです。
また、普通色との組み合わせは配色やデザインによってプリントが難しい場合があります。
普通色部分に箔が付着したり、昇華*する場合もあります。

プリント不可

綿100%の素材のみご使用可能です。
※箔押しは普通色に比べ洗濯堅牢度*に劣り、またブルゾン自体がインクの定着がしにくい素材のため、プリントが剥がれる可能性が非常に高くなります。

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。 洗濯堅牢度*…染色されたものが洗濯によって受ける「変退色」、他の洗濯物への色移りなどの「汚染」の程度を表すものです。

PAGE TOP

シルクプリントしみこみ

どんなプリント?

ラバープリントよりもプリントが薄く、生地に染み込んだようなやわらかい風合いに仕上がるプリント方法です。

特徴

インクに凹凸がなく、使用を続けるとインクが生地になじんでいきます。
古着のような風合いが好きな方におすすめ!

注意点

インクを染み込ませるため、濃い色の生地にプリントすると生地の色が少し透けてしまいます。
ただ、あえて濃い生地にプリントして色の重なりを楽しむこともできます。

PAGE TOP

シルクプリント抜染

どんなプリント?

脱色効果のあるインクを使用し、生地自体の色を抜くことによってデザインを表現するプリント方法です。

特徴

生地本来の色と抜染部分の柔らかい風合いを生かしたデザインにすることができます。
生地色が濃いと濃淡がしっかり表現され、仕上がりがよりキレイになります。

注意点

化学反応を利用したプリント方法のため、個体によって色の抜け方に差異が生じます。仕上がりの色が統一されないこともございますので予めご了承ください。

プリント不可

ポリエステルやナイロン等の化学繊維にはプリントすることができません。
※脱色効果のあるインクを使用しても、化学繊維は化学反応が起きないため色が抜けません。

PAGE TOP

シルクプリントヴィンテージ風

どんなプリント?

デザインデータ上であらかじめ擦れたように加工し、そのデータを使用してプリントする方法です。

特徴

データ上で擦れ加工をすることにより、スタンダードなTシャツも古着のような仕上がりにすることが可能です。
おしゃれ感を求める方にぴったり!

注意点

データを擦れさせるため、細かい柄はインクの擦れや潰れにより鮮明に表現できません。
プリント時は手作業のため、1枚ごとに擦れ具合が若干異なります。

PAGE TOP

インクジェット

生地に直接プリントし、製版不要のプリント方法です!

インクジェット

どんなプリント?

専用インクジェット・プリンターで生地にインクを吹き付けてプリントする方法です。

特徴

製版代不要で、柔らかくなめらかな仕上がりになります。
フルカラー対応なので、写真等のグラデーション表現に最適!

注意点

綿100%素材のみプリント可能です。
濃色生地へのプリントは下地の色に影響され、シルクプリントより発色が劣ります。
また、PANTONEやDIC等の色指定や金・銀、蛍光色でのプリントはできません。

プリント不可

化学繊維の素材にはプリントすることができません。
※化学繊維はインクをはじくため、インクが定着しません。

インクジェットについてさらに詳しく

PAGE TOP

刺繍・カッティング

個人別に番号や名前を入れることができる方法です。

刺繍

どんな方法?

種々の糸を用い、布地の表面にデザインを縫って表現する方法です。

特徴

独特の立体感と高級感があります。
耐久性も高く、ユニフォームやタオルにもぴったり!
個人名刺繍なら価格もお手頃です。

注意点

ロゴやイラストの大きさにより金額が大きく異なります。
また、細かい柄やデザインは刺繍が難しい場合もあります。

刺繍についてさらに詳しく

PAGE TOP

カッティング

どんな方法?

つやのあるシートを用い、文字や数字を熱圧着させる方法です。

特徴

シートにつやがあるため、シルクプリントのインクとも違和感なくマッチします。
シートカラーは一人ずつバラバラでもOK!
普通色以外にも柄入りやラメのシートもあるので、お好みに合わせて選べます。

注意点

ポリエステル素材のドライ系商品は生地色やシートカラーの組み合わせにより昇華*することがあります。
また、圧着跡がうっすらと残ってしまいます。

カッティングについてさらに詳しく

昇華*…ボディ色の影響でインクの色が沈む現象。ブリードとも言います。

PAGE TOP


しばらくお待ちください。